FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 地元産のレモンを買う
2010年03月11日 (木) | 編集 |




久しぶりの休館日。といっても義母の介護の日なので
チェックアウトが済んだ後に病院に迎えにいき
大浴場の大掃除や細かいメンテナンスを終えると、すでに夕方
買い物ついでに、湯河原梅林の途中方面へレモンを買いに行った。
タイムスリップでもしたかのような鄙びた民家の軒先。
先月ここで買ったレモンがおいしかったので、再びやって来たのだ。
途中の道端にもいくつも無人の販売所があるけれど
なんとなくここがいいかんじ(^^;





   


左:ここのみかんの種類は「大津4号」。「青島」みかんと並んで有名だ。
ここら一帯はみかん農家で、みかん狩りも楽しめる。
中:お目当てのレモン。
大型のみかん程の巨大なレモン。1袋6個入りで200円。
右端はきんかん。みかんもきんかんも全部200円。
すぐそばの畑の木で熟したみかんやレモンなので、新鮮で安全だ。
味もごく自然でマイルド。変な甘さや酸っぱさもない。
右:この道をもう少し行くと、梅林のある幕山(626メートル)に突き当たる。



さて今年のお正月に行われた箱根駅伝の出場校に
湯河原町は地元産のみかんの「大津4号」と「青島」を送ったそうだ。
ところが少し前に泊った年配の女性客が、「みかんを送ったのはいいけど
形は悪いし皮にはキズがあったりブカブカしたかんじだったみたいで
もっといいみかんを送らなきゃ逆効果ね」と肩をすくめて言ったので
「なるほど、そうでしたか」と差しさわりのない返事を返しておいた。

無人販売所のみかんを見てもわかるように
地元産の「大津4号」も「青島」も普通の市販みかんと違って
木で自然に熟したものなので、形や皮もごつごつしているし傷や斑点もある。
皮が厚くてブカブカしているのも木で熟した証拠だ。
レモンも同じ。

みかんに限らず、昨今は本物が敬遠され、正しい評価を受けることが少ない。
温泉だってただの井戸水を沸かしたものや循環装置を使ったものが
本物の温泉だとテレビや雑誌でもてはやされているのだから笑ってしまう。
地元の温泉工事業者に聞けば、どこの宿の温泉が本物か否か一目瞭然だ。

身の回りのものから芸術品、そして政治家(^^; にいたるまで
少しでも本物を見分けられるよう
日々、目と耳と心を研ぎ澄ましていきたいものだ。








 久しぶりの雪の朝
2010年02月18日 (木) | 編集 |



朝起きたら、外は雪。
いつもは雪が降らない湯河原も、今朝は3センチ積もった。
藤木橋の上から写す。朝の8時過ぎ。
橋の欄干に雪が積もっている。
しかしながら気温は昨日より高く
外に出てもあまり寒くない。
お昼ごろには雪はすっかり溶けてしまった。









これは05年の写真。
ここ湯河原にやって来てから初めての雪。
今朝の雪は2度目だから
5年間で2回降ったことになる(^^;
都内より温暖なわけだが
箱根の近くなので、冬は雪が多いと誤解されている。








 モネの睡蓮 in 湯河原
2009年10月01日 (木) | 編集 |



昨日とは打って変わっての晴天。
すぐ近くの町営湯河原美術館に行ってみた。
美術館の庭園には「モネの睡蓮」がある。
正確には、モネの庭園の池に咲いていた睡蓮の種から
新しく日本で芽生えた睡蓮という意味だ。
各地の美術館にも同じモネの睡蓮があるようだが
ここ湯河原の片隅でも、ひっそりと美しい花を咲かせている。
光と水のハーモニーで、ちょっぴりモネの絵っぽいかな=^-^=





    

左:モネの睡蓮池のコイ。
コイは睡蓮を食べてしまうので
睡蓮の方に行かないよう、仕切りがある。
右:スイスイ泳ぐアメンボ。
最近はなかなか見られなくなったが。


 




これがモネの睡蓮の絵。
睡蓮の絵は何枚もある。
私自身はあまりモネは好みではないけど





   

左:美術館の庭園の一部。苔むしたところが風流で。
中:ホテイアオイ池。
右:ホテイアオイのアップ。





    

左:美術館1階のカフェ「やまもも庵」。
美術館の中(有料)に入らなくても利用できる。
地元産の青みかんジュースもすっきりとした味で美味。
周囲には平松礼二画伯の寄贈蔵書がたくさん置いてあって
自由に閲覧できる。
右:平松画伯お気に入りのゴディバ・コーヒーもある。








 雨あがって「やっさまつり」
2009年08月02日 (日) | 編集 |





■昨日の天気予報では降水率20%のくもりのはずが
今朝早くから土砂降りの雨 
湯河原は2日3日と「やっさまつり」なのに、なかなか降り止まない。
雨のちょっとした切れ目の後、無線放送やFAXで「本日は予定どうり開催します」と
お知らせがあったので、やれやれと安堵したら、その後にまた土砂降り

それでもスタートのほんの少し前に雨が止んだ( -.-) =зふう。
とたんに肩こりと頭痛が。ストレスかかりすぎだワ。


■6時過ぎ頃、にぎやかな祭囃子が聞こえてきて、奥湯河原方面から各地区ごとの
「花車」が10台くらい次々にやってきた。
子ども用の花車は猫バスや鬼太郎、クレヨンしんちゃんなどの絵で飾り立てている。
この温泉場地区の花車はハデハデの電飾で、車の上からたくさんのしゃぼんだまを
飛ばしてちょっと幻想的なムード。
暗くて曇っていて、しかもいきなりやってきたので写真がぼけてしまった(-"-;)


■やっさおどりは、「やっさやっさ」と掛け声をかけながら踊る踊りで、とはいうものの
私はフロントを動けないので、実際に見たことはない(^^;)
明日は湯河原海上花火大会。
バスツアー客もたくさん泊まるので、明日こそぜったい晴れてほしい。
猫神様に祈らなくちゃ。にゃお~ん





 隠れ家的美食スポット「もだん和食 笑屋(わらや)」
2009年07月15日 (水) | 編集 |

■暑いε-(´o`;A
エアコン工事が無事に終わったので、夕方からお墓参りに。
雑草と格闘すること1時間。海の見える墓地には涼しい風が吹き抜ける。
6時にいきなりお寺の鐘が鳴り出したのでびっくり。
なんと自動で鐘をつく仕組みになっていたので、もう一度びっくり。
将来は住職もロボットに変わっているかもね(^^;;


■夜7時に、首大仏がある福泉寺のそばの「笑屋(わらや)」に行った。
以前は蕎麦と甘味処だったが、経営者が変わって和食処としてリニューアルオープン。
千歳川の向かい岸に位置するので、住所は熱海市になる。
築150年の茅葺(かやぶき)屋根の民家をそのまま使っていて、内装も以前とほぼ同じだ。
畳の席が椅子席に変わったけれど。
場所的にあまり知られていない、隠れ家的な静かで落ち着いた和食処である。






アンティークで落ち着いた雰囲気の内部。





     

左:生ビールとお通し(生イカの塩辛。ワサビとユズの香りがする) 600円。
右:かわいい猫の箸袋。








創作御膳 1800円。
上からグリーンサラダ、珍味三種(真ん中のグラスはモロヘイヤ)
漬物はいぶりがっこ。渋くて上品な味。
メインの皿は、おからベースのホタテ・海老入りコロッケ。
軽くてサクサクして、とってもヘルシー。
その右は、ほんのり甘いトウモロコシ豆腐。
そしてご飯とわかめとネギの味噌汁。
お米の質が高く、炊き具合もちょうどよい。








御膳についているデザート。
落花生ときなこのプリン、黒蜜がけ。
この味で1800円はとってもお得。
特に女性にお薦めだ。





     

左:テーブルの背後の棚には、湯河原焼きの茶碗が並んでいる。
右:アンティークな家具類。






 あ~あ。また間違えちまった、父の日(-o-;
2009年06月15日 (月) | 編集 |

■去年、1週間早く父の日のプレゼントを送ってしまい、何事かと思ったぞとの
父からの電話をもらった。
で、今年こそは日にちを間違えないようにしようと決意していたのに、あらら、また
1週間早く、昨日の日曜日に着くよう送ってしまった
すっかり第2日曜だと思い込んでいた私。
2年続きのチョンボだ。
紛らわしいから、父の日=6月の第2日曜にしてくれないかな、新しい政権党の皆さん。


■というわけで、年々頭の中身が「1Q84」ならぬ「IQ84」に近づいてきている不肖の娘が
父に送ったのは、いつも同じの図書カードと、今年は映画『レッドクリフ Part?』のDVD。

さて土日続けて忙しかったので、どーせ片づけが終わらないだろうと、本日は休館日にした
のだが、予想よりも掃除に手間がかかってしまい、全部終わったのが夕方の5時。
あわただしく買い物をすました後、久しぶりに南欧レストラン「アンジェロ・ドミンゴ」に行った。








さわやかな発泡ワイン、モンテベッロと彩り野菜のハーブサラダ。
ワインは2600円、サラダは780円。








自家製あん肝ポン酢のカクテルソース。
まったく臭みのないライトなフォアグラの味。
これで780円という値段もうれしい。







地サザエのつぼ焼きエスカルゴ風。
エスカルゴより格段に美味で880円。








店内風景。キッチンの奥に石窯が見える。








店内風景。壁の絵。








海の幸のパエリア(2人前)、3000円。
魚介類が豪華に飾ってある。
パラリとしたライスが美味しい。







黒ゴマのジェラート、380円。
この他に、カクテルのモスコーミュールとソルティードッグを注文。
共に580円。私はウォッカベースが好き。

以上、たまの贅沢。ごちそう様でした。








 ルリアゲハが飛んできた
2009年06月09日 (火) | 編集 |







■都会ではなかなか見られなくなった貴重な動植物が、
うれしいことにまだ湯河原では見ることができる。
その1つが、このルリアゲハだ。
千葉県の実家でも子どものころはよく庭に飛んできたものが、
たぶん今では普通のアゲハチョウの姿を見るのも難しくなって
きているのではないかと思う。


■上の写真は、水を求めて中庭に舞い降りたルリアゲハ。
水道の蛇口があるので、周辺の土が湿っている。
このすぐ脇を、外猫たちやアナグマがゆっくり闊歩しているのだ。
もう初夏なんだなあ。
近くの川ではホタルが飛び交ってるし。

ちなみに、湯河原名物「ほたるの宴」は6月5日から21日まで開催中。






 真鶴のしだれ桜
2009年04月02日 (木) | 編集 |







■あまりに疲れがたまったので、も~ダメだぁ…と半日休みを取って
熱海の病院の予約診察に入ってから、湯河原の隣町・真鶴の荒井城址公園へ
恒例のしだれ桜見物に出かけた。


■桜は早く咲いたものの、その後に寒さが続いたので、まだ7分咲きといったところ。
夕方6時からライトアップで、ちょうど6時過ぎに写したので、微妙に空が明るい。

こんな見事なしだれ桜を堪能できるのに、あまり宣伝されていないので
見物客も多くはない。もったいないなあ


■いつもはすぐに帰ってしまうのだが、時間も早かったので
公園の先の道をぶらぶら歩いて行くと、「鯛納屋」という食事処があった。
宿も兼ねているようだ。
お座敷に通されたので、一番安い刺身定食2800円を頼んだ。






右上から、海鮮サラダとドレッシング。
その下が、マンボウのお刺身(真鶴はマンボウが獲れるのだ)。
まったくクセがなく、イカと貝の中間みたいなコリコリ感で美味。
その隣りが自家製もずくの酢の物。とってもマイルド。
左も女将の自家製イカの塩辛だそうで。
実は私も自分で塩辛を作れるのだ。自慢にならないけど







メインの刺身盛り合わせ。
これにご飯とお吸い物、漬物がつく。この値段はお得だ。
右下は伊勢えび。中央はイカで、大葉(シソ)の手前がメジマグロ(本マグロの幼魚)。
右上はなぜか今人気の金目鯛。
金目鯛は深海魚で、地元の人は刺身では食べないそうだ。
う~ん、やはり味がしつこいから1切れ残してしまった。
地元名物のアジのたたきならいいのに。
真鶴はすぐそばに漁港があるから、魚類は抜群に新鮮で美味しい。
湯河原の魚屋は真鶴漁港の魚を仕入れ、
真鶴の宿は湯河原の温泉をタンクローリーで運んで使っている。




■桜と同様、食事処の宣伝もほとんどしていないから、
観光客の多くは素通りして帰ってしまう。
お帰りはこちらへとかで上手に食事処方面へ誘導するとか
出店を出すとか、もっと工夫をすれば地元が潤うのに…とため息が(*´ο`*)=3
いくらでもいい観光資源があるのにね。

地方がさびれているという言葉は耳タコで聞いていることだが
その前にまず自らの工夫や努力も必要なんじゃないの?
と湯河原や真鶴を見て、私は常々思うのだ。






 桜が咲き始めた
2009年03月08日 (日) | 編集 |



うちの宿の「寒緋桜」



■世界恐慌に突入かというこの大変な時期に
日本の政治はボロボロで、さらなる「日本売り」が加速している。
こんな緊急時に献金云々で国策捜査をするなんて、あまりに間抜けすぎる。
もっとやらなくてはならない事案が山盛りだろうに。


■そんな人間社会を尻目に、季節は確実にめぐってきている。
うちの旅館の早咲きの「寒緋桜」も満開になった。
暗いピンク色で下向きに花をつけるのでちょっと地味だが
春の息吹を一足先に感じさせてくれている。






 たまにはイタ飯
2008年11月26日 (水) | 編集 |



たまには外でディナーをなんて思ったけど
寒くて面倒なので(^^;; 併設のイタリアンレストランに食べに行った。
もう足なんかサンダル履き
店内は照明をギリギリまで落としているから、わかりゃしないのだ。
酔っ払っても5メートル歩けば帰宅できるから便利だしね。

これは生ハムのサラダ。生ビールでいただく。
生ハムの塩味が野菜とうまく合わさってさっぱりと美味。








チーズの盛り合わせ。
ゴルゴンゾーラが特においしい。
全種類のチーズがなかなかの極上品だ。
上品な白ワインはデカンタで。これはマスターのおごり。
おありがとうございます<(_ _)>








チーズ皿の中央にあった飾り?
よく見れば枝のついたレーズンじゃあーりませんか。
照明が暗いからわからなかった
普通のレーズンよりもまろやかで上品な甘さ。








ガーリックのフォカッチャ。
ピッツァ生地にオリーブオイル、塩、ブラックペッパー、パルミジャーノの
味付けをして焼いたもの。
軽いから普通のピッツァより好き。
ブラックペッパー味がきりりと引き締めている。








ナスのトマトソース・パスタ。
これは超うま。パスタの湯で加減が素晴らしい。










ウォッカソーダ。
ワインやリキュール類が豊富なのも魅力だ。
ライムで思い出すのが、ホテル・オークラのオーキッド・バーだ。
最近はマンガ首相の行きつけの1つとして有名になったが
私も20代のころに、青山にあった小さな出版社の社長のお供で
このオーキッド・バーにはよく通った。
ここで頻繁(ひんぱん。はんざつじゃないよ)に飲んだのがジンライム。
当時はそんな有名なバーとは露知らず、だったけど。









エビとオニオンのグラタン。
このクリーミーな味のグラタンはお薦め。
心もホッとするようなやさしい味だ。