FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 グリーンスパン前FRB議長「私はまちがいを犯した」
2008年10月25日 (土) | 編集 |



米下院政府改革委員会で証言する
FRB前議長のグリーンスパン氏。
(NHKニュース)




■これまで「金融の神様」とか「マエストロ(巨匠)」とかさんざん持て囃されたFRB(連邦準備制度理事会)のグリーンスパン前議長が、下院政府改革委員会の公聴会でサブプライム問題から始まった金融危機の責任を厳しく問われ、自らの過ちを認めた。
ことに民主党のワックスマン委員長の追求は厳しく、答えに窮してへどもどしているグリーンスパン氏の様子からは往年の威光も形無しという有様だった。
奢れるなんとかは久しからず…ってことか。


     NHKニュース 10月24日
     http://www3.nhk.or.jp/news/k10014928991000.html

            前FRB議長 規制が不十分

 アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会のグリーンスパン前議長が議会で証言し、世界的な金融危機で景気の低迷が長期化するという見通しを示すとともに、危機を防ぐための規制が不十分だったと認めました。
 グリーンスパン前議長は23日、議会下院の公聴会で証言し、今回の金融危機について「100年に一度ともいえる金融市場の信用収縮の津波の真っただ中にいる。深刻な影響にかんがみると、失業率の上昇は避けられず、家計の支出にも制約が出る」と述べ、景気の低迷が長期化するという見通しを示しました。また、金融当局の責任者として規制などを通じて今の金融危機を防ぐことができなかったのかと問われたのに対し、「銀行のほうが株主を守ることにたけていると信じてまちがいを犯した」と述べたうえで、企業の連鎖倒産を招きかねない一部の金融商品への規制が不十分だったと認めました。
 グリーンスパン氏は、FRBの議長としておととし初めまで18年半にわたり金融政策のかじ取りを行い、経済を好況に導いた立役者の1人として、一時は「アメリカ経済の守護神」とまでたたえられました。しかし、長期にわたって低金利政策をとったことや市場への規制の強化に反対したことが結果的に今の金融危機を招いたとも指摘されているだけに、この日の証言では釈明に追われる形となりました。






■一方こちらは中国論壇。
ドルを基軸通貨の座から追放して地域通貨で決済しよう、とついに言い出した。
世界の再編が進んでいる様子を肌でひしひしと感じる内容だ。


      ロイター通信 10月24日
      http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK829748720081024

 アジア・欧州各国は米ドルでなくユーロや人民元など地域通貨で貿易決済を
       人民日報海外版


 [北京 24日 ロイター] 中国共産党機関紙・人民日報海外版は24日付の1面に、アジア、欧州の各国は、両地域間の貿易を米ドルでなく、ユーロ、人民元や日本円など地域通貨で決済するべきだとする論評を掲載した。
 論評を執筆したのは、米国批判の急先鋒として知られる上海の同済大学のShi Jianxun教授。
 同教授は「現在の悲惨な状況に直面して、人々はようやく米国が自国通貨の優位性を利用して世界の富を搾取していたことに気が付いた」と述べ、米国発の金融危機により多くの国が富を失うなか、米国は自国の国益を守ることしか考えていないと批判した。
 そのうえで「米ドルは信頼を失いつつある。世界は早急に、国際機関を通して民主的かつ合法的に、米国一国支配の経済構造と米ドルの優位性の上に立脚している現在の国際金融システムを変えなければならない」と述べ、アジア、欧州各国は地域間の貿易決済に米ドルではなく自国通貨を使うべきだと主張した。ただ具体策については言及しなかった。
 同教授はまた、24日から2日間の日程で北京で始まるアジア欧州会議(ASEM)の首脳会合は、新しい国際金融秩序の構築を始めるのに格好の機会となると述べた。
 ASEM首脳会合には欧州連合(EU)加盟27カ国、日本、中国、インドなどアジア16カ国を含む45の国・機関のトップが出席する。





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
世界同時株安で、世界情勢が不安になってきています。 こんなときこそ、生き残れる人材になれるべく、 英語を学ぶというのが、実は一番確実な自己投資なのでは、 と個人的に思っています。 先週、23日に巧みな金融政策のかじ取りから「マエストロ」(巨匠...
2008/10/28(火) 21:05:38 | 奥村美里のネイティブ英語環境ブログ