FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 小泉引退と麻生内閣初支持率
2008年09月26日 (金) | 編集 |

小泉元首相が引退声明




後援会事務所を後にする小泉純一郎元首相
(毎日新聞・吉田勝撮影)



■昨夜、小泉政界引退のニュースが大きく取り上げられた。
やっとこの日が来たかと安堵の思いがしたが 聞くところによると、27歳の次男を後継者にして、自らは引退後も政治にかかわっていくという。

よく映画などでモンスターや魔物を退治した後に、ちぎれた体の一部や子孫が地中深く隠れて次の機会をひそかに狙うといったシーンで終わりになったりするが、まさにそれと同じパターンだ。
まがまがしきもの、汝の名は小泉、ってとこか

「構造改革だ」「自民党をぶっ壊す」だのと言っていた本人が、最も古いタイプの世襲型保守政治家だったという皮肉。引き際が肝心だと自らの美学を披露してみせたということだが、父親の引退年齢と自分の政界デビュー年齢を今回も重ねてみただけであって、日本中がその小泉美学とやらに長い間引っ張りまわされ、地方は疲弊し人心は荒廃して、国中が破壊されてしまった。


■まさに思いつきの改革によって「日本」をぶっ壊されてしまったわけだが、その執政の総括も謝罪もないまま、今また再び国民を置き去りにしてさっさと身を翻し去っていこうとしている。
この点について毎日新聞は以下のように書いている。


     毎日新聞 9月26日
      http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080926k0000m010093000c.html

(前略)
◇派遣ユニオン「若年労働者が最大の被害者」

 一方、小泉改革で窮地に陥った人たちの見解は辛らつだ。
 公共工事削減の影響で06年、神戸市内で経営していた土木工事会社が倒産した市内の男性(61)は「家も何もかもなくした。経営者の仲間も2、3人自殺した。『痛みに耐えろ』とだけ言って投げ出すのは許せない」と今も憤る。

 派遣労働者の労働条件改善などに取り組む派遣ユニオンの関根秀一郎書記長(44)は「小泉改革の規制緩和が雇用に残したつめ跡は非常に大きい。日雇い派遣労働者など使い捨てとも言える雇用を許し、ワーキングプアを増大させた。前回衆院選の時、若年労働者は小泉元首相のワンフレーズに期待した。しかし、今彼らは最大の被害者だ」と批判した。

 午後7時半すぎ、東京都千代田区のゆうちょ銀本店で開かれていた店長会議を終えて出てきた男性店長(55)は「小泉元首相は郵政3事業を放り投げたまま、その後の方向性を示さなかった」とため息をついた。(後略)








麻生内閣すでにボロボロ 支持率48%


   

朝日新聞より。



■発足したばかりの麻生政権。
首相になりたての麻生氏は早くもニューヨークに飛んで国連で得意気に演説しているが、その足元はすでにグラグラ。小泉は引退するし、支持率は低いし、就任したての大臣はもう失言
あまりのふがいなさに国民はおろか、自公内部からも憤りの声が上がっている。


      共同通信 9月25日
       http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008092501000745.html

           麻生内閣支持率48% 福田政権発足時下回る

 麻生内閣発足を受け、共同通信社が24日夜から25日にかけ実施した全国緊急電話世論調査で、内閣支持率は48・6%となった。不支持率は32・9%だった。支持率は昨年9月の福田前内閣発足直後の57・8%を下回った。

 次期衆院選比例代表の投票先は、自民党34・9%、民主党34・8%と拮抗した。このほか公明党5・7%、共産党2・7%、社民党1・2%、国民新党0・4%、新党日本0・2%。

 麻生太郎首相と民主党の小沢一郎代表の「どちらが首相にふさわしいか」との質問では、麻生氏が53・9%で、小沢氏の29・4%を大きくリードした。

 ただ、望ましい政権の枠組みでは民主党中心の政権への交代がよいと答えた人が43・8%で、自民党中心の政権継続の38・1%を上回った。








中山国交相が失言(本音)3連発



■このヒトの妻は拉致問題で有名な中山恭子。
ダメ夫の舵取りくらいキッチリしてもらわないと国民は大迷惑だ。

 
      毎日新聞 9月25日
       http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080926k0000m010109000c.html

        中山国交相:成田問題「ごね得」 日教組批判も

 中山成彬国土交通相は25日午後、国交省内で行った報道各社のインタビューの中で、成田空港の拡張が進まなかった原因について「(地元住民の)ごね得」「戦後教育が悪かった」と述べるなど、突出発言を繰り返した。夜になって「誤解を招く表現だった」としていずれも撤回したが、関係者の批判を招きそうだ。

 中山国交相は、所管する成田空港の整備についての質問に「かつて1車線(滑走路1本)がずうっと続いて日本は情けないなあと(思った)。ごね得というか、戦後教育が悪かった」「公のためにはある程度は自分を犠牲にしてでもというのがなくて、なかなか空港拡張もできなかった」と答えた。

 国交省の無駄遣いをめぐるやりとりの中では、「ついでに言えば、大分県の教育委員会の体たらくなんて、日教組ですよ。日教組の子供なんて成績が悪くても先生になるのですよ。だから大分県の学力は低いんだよ」と述べた。自らが文科相だった時に全国学力テストを提唱した理由について「日教組の強いところは学力が低いのではないかと思ったから。現にそうだよ」と続けた。

 さらに、観光行政の課題に関する問いに「日本は『単一民族』といいますか、世界とのあれがないものですから、内向きになりがち」と答えた。




      日刊スポーツ 9月25日
      http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20080925-412668.html
 

 中山成彬国土交通相が25日、報道各社のインタビューで「日本は非常に内向きな単一民族」などと発言し、アイヌ民族からは「閣僚がこの程度の知識なのか」と反発の声が相次いだ

 アイヌ最大の団体北海道ウタリ協会の阿部一司副理事長は「とんでもない発言だ。随分残念で悲しい」と憤る。協会として近く中山氏に厳重に抗議し、発言の趣旨を問いただしたいという。

 アイヌ民族共有財産訴訟の元原告団長で札幌市白石区の小川隆吉さん(73)は「このような発言をする人が閣僚をする資格はない。日本にはアイヌを含めさまざまな人が住んでいることを忘れないでほしい」と話した。

 政府は6月、アイヌを先住民族と認め、社会的経済的な格差の解消に向けた有識者懇談会を設置したばかり。





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
小泉元首相が引退へ 「ザ・ニュースペーパー」もピンチ?小泉元首相:町村派幹部に引退を伝える【小泉引退】「首相としてはパーフェクト」野田氏小泉引退にチルドレン・ショック 古沢襄 小泉引退と麻生内閣初支持率EXTRA:小泉引退
2008/09/26(金) 17:56:46 | コジマ電機 100円パソコン