FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 またも「3分の2」の暴挙で、暫定税率が復活
2008年04月30日 (水) | 編集 |



写真は朝日新聞
左:衆院議運委理事会を阻止しようと集まった民主党議員ら
右:衆院本会議場で、再可決後に笑顔を見せる福田首相



■民意とは何か、民主主義とは何か、真の主権者とは誰か…!
そんなことを強く問いかけてみたい、この国の情けない在りようである。


   朝日新聞 4月30日
     http://www.asahi.com/politics/update/0430/TKY200804300262.html

         暫定税率復活法が再可決、成立 税率引き上げ1日施行

 ガソリン税などの暫定税率を復活させる税制改正関連法が30日午後の衆院本会議で、自民、公明両党の「3分の2」勢力により再可決、成立した。税率は5月1日に引き上げられる。原油価格高騰も加わり、レギュラーガソリン価格は1リットルあたり160円台になる見通しだ。

 与党は、税制関連など国・地方の税財政に関する5法案を否決したとみなす動議を衆院本会議で可決。5法案が衆院に返付されたのを受け30日夕、5法案が衆院本会議で再議決され、民主、社民、国民新各党は欠席し、共産党は出席し反対した。ガソリン税の暫定税率分の投票結果は賛成337票、反対12票だった。

 5法案は2月29日の衆院本会議で可決したが参院で採決にいたらず、憲法59条の規定により、60日間たった今月29日以降、否決したとみなして衆院での再議決が可能になっていた。「みなし否決」による再議決は1952年の「国立病院特別会計所属の資産譲渡に関する特措法」以来、56年ぶり2度目。




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  口先だけは「消費者重視の政治」 を唱えながらも、ついに 自公シロアリ どもが 民意を無視して揮発油税や自動車取得税の大増税を強行 する愚挙を行ってしまった。  これにより多くの 日本国民はスタグフレーションという塗炭の苦しみ をなめる事になろう!  だが一方...
2008/04/30(水) 20:53:13 | ステイメンの雑記帖 
<注記> この記事は[2005-08-29付toxandoriaの日記/『小泉H.C.ポルノ劇場』が蹂躙するエクリチュール]を【復刻】したものです。 ただ、この記事の内容は、無残にも[・・・?????????????ecriture???????????????????u????????????H????・??????????????????]の状態に潰れて
2008/05/01(木) 15:49:06 | toxandoriaの日記、アートと社会