FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 爆笑! エクストリームアイロニング
2007年10月26日 (金) | 編集 |

■自分の部屋でテレビをつけながらアイロンかけをしていたら
「アイロンかけ」「スポーツ」などといった単語が聞こえてきたので
思わず「ええっ!」と、画面に見とれてしまった。
なんと外でアイロンかけをして競う「エクストリームアイロニング」なる、なんともレアで愉快なスポーツがあるらしい。




■いつもは見ないNHK「お元気ですか日本列島」という番組内の、「ぐるっとニュース」で千葉県発の話題を放送していたわけなのだが、最近はなぜかNHKとシンクロすることが多い私は、ついにアイロンかけの最中にアイロンかけスポーツを見るに至ってしまったのだった(=^・^=)

上の写真は、富士山頂でのアイロニング。
エクストリームアイロニングジャパン」の公式HPより

同HPによると、エクストリームアイロニングとは、
「山や海、川などの厳しい自然環境下において、アイロン台を出し、涼しい顔で平然と服にアイロンを掛けるという、なんともスタイリッシュ(?)な極限的スポーツです。極限でのアイロン掛けを行う場所としては、そこに到達するだけでも厳しい岩肌、海中、山頂、空中(スカイダイビング中など)、激流でのカヌー上、波乗りの最中、スキーの最中、強烈な人混みの中など、とにかく「極限下で」という事が絶対条件となります。」





■おお、極限下でのアイロンかけ!
ということは、部屋でアイロンをかけていると、たちまちもの珍しそうに集まってきて服を引っ張ったりアイロンに触ろうとする猫たちを押しのけ蹴っ飛ばしながら必死でアイロニングする私も、ある意味極限下状態かも。
今度は玄関先でやろうかな。
写真は、競輪しながら集団でアイロニング。バカだね~っ。




■テレビによると、このスポーツをやってる人は世界中で700人もいるそうだ。
最後になぜアイロニングをするのかと問われ、日本代表はこう答えた。
「そこに、シワがあるからです」
これを聞いたスタジオのアナウンサーは、笑いが止まらなくなったのだったヾ(≧▽≦)ノ

ちなみに、このニュースを見ながら私がアイロンで仕上げたシャツは3枚だった。






スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック