FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 東電原発事故の旧経営人3人無罪判決は、あまりに「正義に反する」
2019年10月03日 (木) | 編集 |

 近年まれにみる、驚くべき判決が出た。
先月9月19日、東京地裁は、東電原発事故における旧経営人3人に無罪判決を
出したのである。まさに目と耳を疑うような不当判決だった。

大手メディアは連日のように、隣国・韓国のチョ・グク法務省長官の不正疑惑に
ついて「玉ねぎ男」がどうしたこうしたと、面白おかしく長い時間を割いて報じて
いるが、肝心な日本の政治家や企業の不正疑惑にはまったくの及び腰で
だんまりを決め込んでいるばかりだ。
確かに韓国では検察権力が強大化している点が問題だが、一方の日本の司法は
安倍政権にみごとに屈して、もはや独立機関ではなくなってしまっている。
その結果の、今回の不当判決といえよう。


 さすがに検察官役の指定弁護士は30日に控訴したのでいくらか安堵したが、
今回の無罪判決を出した東京地裁の内実について、『週刊金曜日』9月27日号が
書いていたので、以下に転載する。







見開きページの右側





左ページ





    

クリックで拡大
 




 9月30日、指定弁護士が東京高裁に控訴したが、下記の東京新聞が
見出しにしているように、地裁の無罪判決はあまりに「正義に反する」ものだ。
先の大戦でも戦争責任があいまいのままで、そのツケが現在まで回ってきて
いると思わざるを得ない。



     東京新聞 10月1日
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201910/CK2019100102000146.html

        東電旧経営陣無罪で控訴 指定弁護士「正義に反する」
        
 東京電力福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の勝俣恒久元会長(79)ら旧経営陣三人について、検察官役の指定弁護士は三十日、三人を無罪とした十九日の東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴した。原発事故の刑事責任が経営トップらにあるのか、あらためて審理される。 

 指定弁護士は「地裁判決は巨大津波襲来を示す具体的な試算結果などを全く無視した。到底納得できない。このまま確定させることは著しく正義に反する」とのコメントを出した。

 ほかに強制起訴されたのは、原発の安全対策の実質的責任者だった武藤栄元副社長(69)と、その上司だった武黒(たけくろ)一郎元副社長(73)。指定弁護士は、いずれも禁錮五年を求刑し、三人は無罪を訴えていた。

 一審の争点は、海抜一〇メートルの原発敷地を超える津波を予見し、事故を防げたか。東電は事故前、国の地震予測「長期評価」に基づくと最大一五・七メートルの津波が原発を襲うとの試算を得ており、指定弁護士は「三人は大津波を予見できた」と主張した。

 地裁判決は、長期評価の信頼性を否定し、「事故を防ぐには原発の運転を止めるしかなかった。三人には運転停止義務を課すほどの予見可能性はなかった」と判断した。三人は、大津波を予見できたのに対策を怠り、原発事故で避難を余儀なくされた双葉病院(福島県大熊町)の入院患者ら四十四人を死亡させるなどしたとして強制起訴された。






スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック