FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 箱根大涌谷とジオミュージアム
2019年05月14日 (火) | 編集 |

 休みの一日は必ず雨が降ったりして悪天候になるのがお決まり。
というわけで、朝からかなりの雨量でがっかり。
おまけに、行く予定だった小田原の「生命の星地球博物館」も休館日でがっかり。
仕方なく予定を変更して、箱根の大涌谷の様子を見に行った。






大涌谷といえば黒たまご。
1個食べると寿命が7年延びるそうなので
これまで食べたのを合算すると100年は延びたかも






黄身の周囲も、うっすらと黒い。
少し硫黄のにおいと味がして
独特のおいしさがある。






現在の噴煙の様子。まだ大量に噴気が出ている。
硫黄で黄色く染まったあたりに、噴気で温泉を作る施設がある。
雨に加えて、傘もさせないくらいの強風でまいった。






ずいぶんと久しぶりにジオミュージアムへ。
大涌谷が噴火してから長い間封鎖になっていた。







箱根では、この大涌谷の噴気(蒸気)に水をくぐらせて
人工的に温泉を作っているのだ。






その模型。






噴火前後の記録。
噴火する前に、途中の森林のあちこちから噴煙が上がっていたので
温泉地学研究所の研究員に問いただしたところ、一般の人は
噴煙に驚くけれど、火山はそんなもので心配するには及ばないと
言われた。ところがすぐあとに噴火したわけで
んも~まったくプンプン、ってかんじだった ( ,,`・ω・´)






これまでの経過が丁寧に観察されている。










いま注目されている立体模型。






伊豆半島の合体実験。
最近は、太平洋の島々がプレートに乗って移動合体して
伊豆半島ができたことが広く知られるようになってきた。






左下のひび割れは、パン皮状火山弾。
その奥のラグビーボールが紡錘状火山弾。
その隣がリボン状火山弾。
手前3つの小さいのは、左からスコリア、軽石、火山灰。

他の展示物も充実しているし、映像も迫力があって面白い。
入館料は100円なので、おすすめのミュージアムだ。






お昼は、仙石原の「蔵一」で喜多方ラーメン。790円。
やさしくて懐かしい味に、スープも全部飲みほした。
メンマも薄切りでなく直方体なので、歯ごたえ十分で美味。
大変おいしゅうございました






客席から見える庭の置物がかわいい。
小さくてわかりづらいが、左のカエルの背中に子ガエルたちが
右の小僧さんの左肩には子ネズミが乗っている。






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック