FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 フェイクニュースが飛び交うベネズエラ 米国は石油狙いの介入をやめよ 
2019年02月28日 (木) | 編集 |




朝日新聞 2月26日  写真はロイター通信
ベネズエラの首都カラカスで21日、軍関係者とテレビ会議に参加する
マドゥロ大統領(中央)




 米国はトランプ大統領の「ロシアゲート事件」で大揺れで、本日ハノイでの
米朝首脳会談にピタリとぶつけるように、トランプ大統領の元顧問弁護士コーエン氏の
公聴会がワシントンで開かれた。
米国では歴史的な首脳会談よりもこの公聴会の方が多く報じられ、結果として
首脳会談が決裂する形になった。

 しかしあまり実体のないロシア疑惑で大騒ぎしている米国は、これまで
日本をはじめどれだけの国に介入し、選挙を操り要人を暗殺し、数多くの一般人を
苦しめてきたことか…
直近では南アメリカのベネズエラへのあからさまな介入だ。
日本や欧米のニュース番組ではマドゥロ大統領を極悪の独裁者と断じ、傀儡の
グアイド国会議長を暫定大統領として認める報道をしている。
また人道支援物資の搬入トラックが炎上したのもマドゥロ大統領の差し金だと
しているが、これはグアイド側が火炎瓶を投げて炎上させたことがわかっているし、
支援物資の中身がゴミ同然だとも言われている。
たしかにマドゥロ大統領は独裁的だが、そうだからといって他国を土足で踏みにじる
ような真似は許されない。ウクライナに介入した手口とまったく同様だ。
なぜ米国だけがこうした傍若無人な行為を許されるのか、昔のローマ帝国では
あるまいし、まったくもって私には理解不能である。
ただ朝日新聞が状況を客観的でより正確に報じているので、以下に転載する。



 朝日新聞 2月26日
  https://www.asahi.com/articles/ASM2V4WQWM2VUHBI02B.html

        親米国も軍事介入を拒否 ベネズエラ巡り米州14カ国

 政情不安が広がる南米ベネズエラ問題について、米州諸国14カ国でつくる「リマ・グループ」は25日、コロンビアの首都ボゴタで開いた会合で、「平和的な解決」を求めることを確認した。ペルーのほか親米国のブラジルやコロンビアも軍事介入を拒否した。そのうえで、公正で民主的な選挙の実施をベネズエラに求めることなどを決めた。

米副大統領、軍事介入の可能性も示唆 ベネズエラ問題

 反マドゥロ大統領派で暫定大統領を宣言したグアイド国会議長は、23日に人道支援物資の搬入に失敗した直後、「あらゆる選択肢を排除しないよう提起する」として、各国に軍事介入も検討するよう求めていた。

 軍事介入に慎重な中南米各国に対し、会合に参加したペンス米副大統領は「平和に民主化が進むことを望んでいるが、トランプ大統領が明言したように、あらゆる選択肢がテーブルにある」と発言。軍事介入の可能性を示唆した。支援物資の運び込み阻止に加わった政権側の知事らに制裁を広げることも明らかにした。(ククタ〈コロンビア〉=岡田玄、ワシントン=染田屋竜太)




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック