激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 衆院選新議席と小選挙区制の問題点
2017年10月25日 (水) | 編集 |






上図:東京新聞 10月24日
なんと自公と希望、日本維新、こころを合わせた改憲勢力が
定数の8割を超える事態になった
ハロウィン週間とはいえ
とんでもない悪夢だワ




 で、得票数に比べて自民が大勝ちしたのは、またしても小選挙区制のマジックに
よるもので、これまで私も何度もブログやツイッターで小選挙区制と比例併設の
弊害を批判してきたが、今回はその弊害が特に突出してしまったものである。






東京新聞 10月24日

記事によると、自民党の小選挙区での得票率は約48%。
ところが議席占有率は約74%で、2人に1人しか投票しないのに
結果として、4分の3の議席を獲得した計算になるという。
さらに「全ての有権者のうち、何割の人が自民党に投票したのかを
みる絶対得票率を計算すると約25%。自民党には有権者4人のうち
1人しか投票しなかったことになります。」


もし選挙制度改革が難しいのなら、
一人一人が有権者意識を強く持ち(教育が大事だが)
必ず投票に行くことしか、この国をよくしていく方法はない。






クリックで拡大。
 




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック