激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 お騒がせサーカシビリ氏のウクライナ国境突破をメディアはどう伝えたか    「ロシアTV」の場合
2017年09月14日 (木) | 編集 |

 お騒がせ男報道第2弾! 
西側に対する、いわゆる東側のロシアはどう伝えたか?




   「ロシアTV」の場合   





7月にウクライナ国籍を剥奪された、前オデッサ州知事で、元グルジア大統領のミハイル・サーカシビリ氏は、きょう国境検問所を通りウクライナに入国しました。本人は市民の支持で入国できたとしていますが、内務省が氏の入国を阻止しなかった裏側には、別のところからの指示があったとみられます。報告をご覧ください。






法治国家であれば、法を無視して国境を越えることは犯罪ですが、ウクライナでは観客を楽しませるショーさながら、テレビカメラと議会の支援グループに迎えられ、サーカシビリ氏は無事ウクライナに入国しました。






入国の理由はもちろん、ポロシェンコ大統領への反旗です。






サーカシビリ「あの大統領は倒れます! あの政権はなくなります!」
なかなかに過激な発言ですが、実は今年の夏、サーカシビリ氏はウクライナ国籍を剥奪されています。パスポートを所持していないため、検問所では審査が長引きます。






そこへ現れたのが、入国を支援しようという一群の若者。
国境の警備をものともしません。






サーカシビリ氏のそばには常に、全ウクライナ連合「祖国」のティモシェンコ党首が付き添います。






過去のいきさつは水に流したということでしょうか。
(大統領時代、会見の最中にむしゃむしゃネクタイを口にほおばって周囲を唖然とさせたことなど)






政治評論家のコメントをお聞きください。
「ティモシェンコ氏は、最近アメリカを訪問しています。たぶんそこで、すべてが決まったんじゃないでしょうか。ウクライナの現政権を倒すための、いわば魚雷として選ばれたのが、元グルジア大統領のサーカシビリ氏というわけです」






ティモシェンコ氏は、ウクライナのアバコフ内相(上の写真)と内密に会っていたといいます。すると、今回の治安機関の対応も納得がいきます。






アバコフ内相はきょう、サーカシビリ氏に移民局に出頭するよう指示しましたが、本人はリボフ市内を散策。ホテルの前でスピーチを行いました。
サーカシビリ「皆さん、ご心配は無用です。私はきのう、ここに到着しました。ポーランド側にウクライナの正式な書類を提示し、スタンプを押してもらいました。ウクライナ市民として入国したのです!」
専門家は、難民の資格を与えられるとみています。




 ロシアの方が、さすがにより詳しく今回の出来事の真意を見て取っている。
それにしても米国にいいように使われているサーカシビリが、少し哀れでもある。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック