激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 トルコで、安倍政権とよく似たエルドアン独裁政権に抗議する、17万人の大規模集会
2017年07月10日 (月) | 編集 |

 日本ではあまり報じられていないが、トルコでは強権的な統治を続ける
エルドアン政権に抗議する集会が9日、大都市イスタンブールで開かれ、
17万5千人の人々が終結した。





7月10日の「キャッチ!世界のトップニュース」より。

始まりは、エルドアン政権に抗議するため野党第1党の
共和人民党(CHP)のクルチダルオール党首が
首都アンカラからイスタンブールまでの約450キロを
歩き通したことだった。





そしてその「正義の行進」に賛同する市民たちが
続々と結集していった。





行進の最終日、イスタンブールの広場は
17万超の人々で埋め尽くされた。





彼らが求めるのは「公正なトルコ」である。



 実はトルコのエルドアン政権と日本の安倍政権とでは、その強権的な
政治手法がとてもよく似通っているのだ。

エルドアン大統領は、反政府デモに集まった人々を
「左翼のテロリスト」と呼んだ。
そして安倍首相も都議選で安倍退陣を叫ぶ人々を
「こんな人たち」と呼び、
さらに、「こんな人たち=選挙妨害の左翼活動家」と
バッシングするフェイスブックの投稿に、「いいね!」を
押していた。



     lite-ra 7月6日
       http://lite-ra.com/2017/07/post-3295.html 

        安倍首相が「こんな人達=選挙妨害の左翼活動家」と
                      攻撃するFBに「いいね!」を押していた!


「こんな人たちに負けるわけにはいかない」──安倍首相が都議選の応援演説で言い放った言葉がいまなお波紋を広げている。なにせ、一国の総理大臣が国民に対して暴言を吐いたのだから、当然だろう。

 だが、安倍首相には謝罪する意思がないどころか、完全に「敵」だと考えているらしい。というのも、反対の声をあげた国民を「選挙妨害の左翼活動家」とバッシングするフェイスブック投稿に、またも「いいね!」と評価していたからだ。

 安倍首相が「いいね!」したのは、自民党の永田壮一・千代田区議が7月3日にFacebookへ投稿した文章。千代田区といえば安倍首相が件の演説を行った秋葉原を擁する選挙区で永田区議も当日演説に駆けつけていたようだが、その永田区議の投稿では、こんなことが書かれている。

〈安倍総裁の
こんな人達に負ける訳にはいきません
という演説を受け
報道では
こんな人達=都民ファースト支持者
真実は
こんな人達=選挙妨害の左翼活動家〉

 都議選で自民党が歴史的大敗したのは、さまざまな大臣たちの失言だけではなく、森友・加計学園問題において説明責任をまったく果たさない、人を食う安倍首相の傲慢さに下された審判であることは間違いない。いや、特定秘密保護法や安保法制、共謀罪など安倍首相の独裁的で憲法を軽視する政治に対して反対の声をあげてきた国民は数多い。だが、安倍首相はそうした“怒り”をもつ国民を、すべて〈選挙妨害の左翼活動家〉だと決め付けにかかっているのだ。(以下略)






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック