激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 世界で最も裕福な8人の資産と、下位半分36億人の合計が同額になった
2017年01月18日 (水) | 編集 |

 人間社会の経済格差は年々拡大する一方で、ついに金持ちの序列の
上から8番目までの資産の合計と、全人類の下から半分(50%・36億人)の
合計資産がほぼ同じになったという。
スゴイと言うか、ムゴイと言うか。
これが数千年をかけてたどりついた、人類の進歩の果ての結末なのだ。






写真:Jim Tanner / Reuters
1月16日、国際非政府組織(NGO)オックスファムは、
世界で最も裕福な8人の資産が、世界人口のうち
下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだとする
報告書を発表した。
左上からビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏、
ジェフ・ベゾス氏ら富豪上位8人のコンビネーション写真
(2017年 ロイター)




      ロイター通信 1月17日
      http://jp.reuters.com/article/davos-meeting-inequality-idJPKBN1500T1

         世界の大富豪上位8人の資産、下位半分36億人の富に相当 

ダボス(スイス) 16日 ロイター] - 国際非政府組織(NGO)オックスファムは16日、世界で最も裕福な8人の資産が、世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだとする報告書を発表した。

報告書は貧富の差がかつてないほど拡大していると指摘。中国とインドに関する新たなデータについて、世界人口のうち下位50%の資産額が当初の予測よりも少ないことを示唆しているとした。

最新のデータを基に計算すると、2016年には当時推定された62人ではなく9人が、2010年には43人が世界人口の半分に当たる36億人の資産と同等の資産を所有していたことになるという。
          





 なおフォーブスの長者番付による上位8名とは――

   1位…ビル・ゲイツ
   2位…アマンシオ・オルテガ
   3位…ウォーレン・バフェット
   4位…カルロス・スリム・ヘル
   5位…ジェフ・べゾス
   6位…マーク・ザッカーバーグ
   7位…ラリー・エリソン
   8位…マイケル・ブルームバーグ

またトップ10の大企業の収益合計は、下位180の貧しい国々のGDP以上だという。
こうした大富豪や大企業はタックスヘイブンで税金逃れをし、その分労働者の
賃金が下がることで、格差がさらに拡大する結果になっているのだ。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック