激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 漂流中のTPPがついに難破 それでも船の破片にしがみついて波間を漂う安倍政権
2016年11月12日 (土) | 編集 |

 安倍首相が一縷の望みをかけて承認を急ぐTPPは、オバマ大統領が
任期中の議会承認を断念したことで、事実上の「強制終了」となった



       毎日新聞 11月12日
         http://mainichi.jp/articles/20161112/k00/00e/030/207000c

            TPP承認
            米高官、オバマ政権は断念「次期政権と協議」 
  

【ワシントン清水憲司】米政府高官は11日、日米など12カ国で合意した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について「取り扱いは議会指導部が次期政権と協議する」と述べ、オバマ大統領任期中の議会承認を事実上断念する考えを明らかにした。世界の国内総生産(GDP)の4割を占める巨大経済圏の確立を目指したが、発効には議会承認を受けた日米の批准が不可欠。次期大統領のドナルド・トランプ氏(70)の方針転換がない限り、発効の道筋は閉ざされることになる。 (後略)         




 それなのに安倍首相は、あくまでも早期承認を目指す方針をやめず
反対にトランプ氏を説得すると強気だ。
なぜトランプ氏が大統領選に勝利したのか、その背後に反TPPを掲げる
多くの米国民の怨嗟があることを安倍ぴょんには理解できないのかもしれない。






写真:毎日新聞
民進党議員らが退席した空席がある中、TPP承認案を
与党などの賛成多数で可決した衆院本会議
=国会内で2016年11月10日午後5時5分、猪飼健史撮影 



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。