激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 本日は参院選投開票日 そして鹿児島県知事に三反園訓氏が当選
2016年07月10日 (日) | 編集 |

 お昼前に参院選の投票をした。
20歳で選挙権を得てから、これまで棄権したことはない。
それにしても今回は異様なほど「参院選隠し」「争点隠し」が行われ、特にテレビは
都知事選の話題ばかりで、気を抜くと参院選があることなど忘れてしまいそうだった。

 自民党はまたしてもアベノミクス選挙であると煙幕を張り、そして開票の
8時になったとたんいっせいに、「改憲」「3分の2」という文字が各テレビ画面に
踊ったのだった。

 ただそんな中で鹿児島県の県知事に三反園訓氏が初当選という朗報に
接し、思わず「やった!」と胸が熱くなった
三反園氏は好きなコメンテーターの一人であったが、鹿児島知事選を戦っていた
ことをコロリと忘れていたから、よけい驚きと喜びが大きかったのだ。
世の中けっして嫌なことばかりが続くものではない。
暗闇の中にも一筋の光はみつかるものだ。
三反園氏には、ぜひとも日本を照らす光の一筋になってほしいと心から願う。






鹿児島知事選で当選を決め万歳する三反園訓氏
=10日午後8時27分、鹿児島市、小宮路勝撮影



 朝日新聞 7月10日
   http://www.asahi.com/articles/ASJ7B63QTJ7BTLTB00K.html

         鹿児島知事に三反園氏 「原発いったん停止し再検査を」

 鹿児島県知事選は10日投開票され、無所属新顔で元テレビ朝日コメンテーターの三反園訓氏(58)が無所属現職の伊藤祐一郎氏(68)を破り、初当選を確実にした。三反園氏は伊藤氏の4選阻止を訴え、民進、社民両党県組織や保守系地方議員の一部の支援を得て草の根の選挙戦を展開した。

 選挙事務所の内外に集まった支持者約200人の前に、三反園氏は午後8時24分に姿を見せた。「私は原発のない社会をつくろうと一貫して訴えている。熊本地震を受け、原発をいったん停止して再検査し、活断層の調査をすべきだ」と発言。安全性に問題が見つかった場合の対応を報道陣に尋ねられ、「安全性が確保されない原発は動かすわけにはいかない」と述べた。

 鹿児島県で過去に4選した知事はおらず、伊藤氏の4選の是非が焦点の一つとなった。三反園氏は多選を批判するとともに、熊本地震の発生で九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全性に不安が広がると、反原発グループとも連携。「川内原発を停止し、点検するよう九電に申し入れる」との公約を掲げ、支持を広げた。一方で、選挙戦では反原発の主張を強調せず、保守層にも気を配った。

 伊藤氏は自民、公明両党の支援を得て組織戦を展開したが、及ばなかった。






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。