激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 猫のキキ、梅雨空に死す
2016年06月22日 (水) | 編集 |

 参院選公示の今朝、猫のキキが死んだ。

首のおでき(良性の腫瘍)を切除したあとは、以前よりも積極的に他の猫たちの
輪にも入っていたが、最近になって急に痩せ始めたのが心配だった。
またこれまでは縄張り意識が強く、後から入ってきた子には攻撃的で恐れられ
ていたが、痩せるに従って性格も穏やかになり、前にもまして私のそばに
べったりくっつくようになった。

トイレにもお風呂にも、そして寝るときもくっついて離れない。
枕元に横になって一晩中私の顔をじっと見ているのだが、やせて尖ったあごと
大きな黒い目に見つめられていると、まるでグレイタイプの宇宙人に監視されて
いるようで、少々不気味にも感じていた。

死期を悟ってお別れをしていたのか、私の体調を心配していたのか、それとも
自分の苦しみを訴えていたのかはわからない。
かわいそうなことに、ちょうどこの時期は私自身の体の不調をこらえるので精一杯
で、またお腹のはれが引かないまれのことや、口内炎の悪化で食事ができない
ラッキーの世話も加わり、キキのことは後回しになってしまっていた。







12年前の2004年、三階の屋上でビービー鳴いていた子猫を
当時のパートさんの一人が保護して、私が育てることになった。
これがキキである。
数年前に最愛の猫テクタイト(メス・9ヶ月)が湯河原で行方不明に
なり、そのテクの代わりにやってきたような気がして
よけい可愛く思えたのだ。その後、外猫のチャチャが母親では
ないかと推測。チャチャも私によく慣れて甘えてきた。





キキの前に、4~5ヶ月年上のマヨとハナを育てていた。
これは2番目にやってきたハナ。
マヨとハナは別な家からそれぞれもらってきたのだが
驚くことに姉妹だった。その後もらい受けたギンもやはり姉妹で
三姉妹の結束の前に、キキははじかれた形になってしまった。





そんなわけもあって、昼間はひとりで、ほとんど
ふとんに潜り込んで過ごすようになったのである。





お風呂が大好き。毎朝あふれるお湯で足湯をつかるのが日課。
熱い温泉でも平気で、バシャバシャと歩き回る。





最近保護して仲間に加わった、あき・まれ姉妹の
まれが発情すると、なぜかキキが気に入って
一日中追いかけるようになった。
嫌がって威嚇するキキ。
キキ晩年の、お騒がせ迷惑事件でもあった。





死の前日、6月21日の晩のキキ。

朝、お風呂場の前やラッキーの部屋の前、外が見える窓の前で
いつもとは違う叫ぶような低い声で鳴き続けたので
もしかしたら認知症になったのかもしれないなどと思った。
昼間失禁したので、お風呂に入れてやった。
最後の入浴になったが、喜んで浴槽につかっていたので
その点では、キキも心残りはないだろう。
体が辛いのか、何度も場所を変えて床に寝転んだりしている。
明け方の4時頃、ガタガタ足を踏み鳴らしていたので
体を押し上げて、いつも乗っていたお気に入りの本棚の上に乗せた。





朝の8時頃、床に寝ていたキキを抱き上げ、ベッドに寝かした。
9時になったら動物病院の予約を取るつもりだった。
何度も「キキちゃん!」と呼びかけ体をさすったが
やがて呼吸に詰まるようになり、あわてて抱っこして
介抱したが、ほどなく私の腕の中で息を引き取った。
死亡時間は、朝の8時35分。





死の直後。まるで生きているようにキリリと
しかし穏やかな顔つき。
ほんとうに死んでしまったのか、
呼吸音を確かめたほどだ。





10時には、近くのペット寺で有名な椿寺に運び
火葬してもらった。夕方、住職さんが
お骨を持ってきてくれた。





はーい、キキです。
みなさん、お先にバイバイします(^-^)/
でも肉体はなくなっちゃったけど、バーチャル空間では
いずれお会いするかもしれませんよ。
それではまたね






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
いつも楽しみにしていました
大事に、大事に育てられ、
最後も最愛の人に看取って貰えたので
キキちゃんも心穏やかに逝くことができただろうとと嬉しく思います。
楽しい話題をありがとうございました。
また、ときどきお顔をみせて下さい。
合掌。
2016/06/27(月) 08:00:08 | URL | hal #kI/0fU9Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『福島第一のセシウム、コンクリと反応か 九大など研究 』 6月27日(月) 朝日新聞デジタル 東京電力福島第一原発事故の発生から4日後に東京都へ降下した放射性セシウムの大半が、ガラス状の微粒子に取り込まれた状態になっていたことが九州大など日米仏の国際チームの研究...
2016/06/28(火) 15:24:55 | 逝きし世の面影






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。