激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 本日の東京新聞・こちら特報部は、ズバリ「電通」!
2016年05月19日 (木) | 編集 |

 今朝のニュースの中で、シリア難民に電子マネーを支給している様子を
報じていた。これによって各自が必要なものを必要な分だけ購入でき、個人の
尊厳を取り戻すことができたうえに、地元の商店も潤い活気が戻ってきたという。
日本の災害時、たとえば熊本地震の被災者も、援助物資の食料はたくさんあるが
現金がないので好きなおかずが買えなくて困っているという声があった。
日本の場合は災害法によって現物支給に限られているそうだが、電子マネーや
食料品チケットの支給もぜひ実現してもらいたいものだ。


 さて2020年東京オリンピック招致疑惑で「電通」の名前が出てきたことで
各メディアは電通という固有名詞隠しにやっきになり、ベッキーや清原の事件で
視聴者の目くらましを図っているが、本日の東京新聞「こちら特報部」では
ドドーンと電通の名前を出して特集しているので、実に気持ちがいい(^-^)






写真が見にくくてすみません。



 文の最後の「デスクメモ」に電通・吉田元社長が考案した「鬼十則」の紹介があり、その十則はすべて団結を強調した体育会風のものだという。対して電通のライバル・博報堂の社風は「粒ぞろいではなく粒ちがい」であり、皆さんはどちらの社風が好きですか、と結んでいる。
私の学生時代も、電通と博報堂とどっちが好き?と聞かれることがあって、当時も圧倒的に博報堂の評判がよかったことを記憶している。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。