激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 13日の金曜日ということで、久々に出てきました(^^;
2016年05月13日 (金) | 編集 |

 もう3ヶ月近くブログを書いてないかな。
自分でも、文字の書き方を忘れてしまった気がする
ま、体調がひどく悪かったせいではあるが、それを理由にグダグダと
日々を過ごしていた。
体調については、例の帯状疱疹後の疼痛に加え、左膝の半月板損傷というか、
仕事で階段を3階まで昇って、もうあと少しというところで膝の内部になにか
強い違和感をかんじたと思ったら、激痛が走った。
案内していたお客様には笑顔を見せつつ、心では大泣きしながら階段を降りた。
転げ落ちなくて幸いだったが。
それで1ヶ月以上も整形外科に通っているが、まだ治る気配がない。
おまけに持病の膀胱炎が再発するは…で、すっかり心がすさんでしまった(*`^´)

 と、そんなこんなで、復帰するきっかけがなかなかつかめなかったのだ。
で、まずは無難に動物ネタから





先月からまた現れたアナグマ親子。
うちに棲みついてから、もう何代目になるんだろう。
世代が変わっても、アナグマの名前は、みなメドちゃんだ。
名前の由来は、ロシアの首相メドベージェフ(クマという意味)から。
メスのアナグマならメドベージェワ、なんちゃって。
とにかく大食いで、エサがないと裏庭から玄関前まで失踪して
猫のご飯を盗んだりする。
今年は玄関前でアナグマを見たというお客様が多い。
年々、性格がずうずうしくなっているようだ。





服を着た三白眼の野生児、まれ。
もちろん自分で進んで着たわけじゃないが。
でっぷり体型のハナが前に着ていた服なので
細身のまれにはブカブカだ。
この直後、ものすごい勢いで服を脱ぎ捨てたのだった





 

左は、今話題の本『日本会議の研究』。
注文するのが遅かったので、手に入るのはいつになるやら。
右は今月26日発売予定の、これも話題の本。
予約を入れたんだが、予約がいっぱいすぎて
こちらもいつ手元に届くか不明だ。






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『第一次自民党改憲案の策定責任者だった舛添要一に対する自民党改憲派の逆恨み』 自民党は結党50年を迎える2005年の第一次憲法改正草案では『土人女を集めて慰安所を作って将兵に喜ばれた』と著書で自慢する破廉恥な中曽根康弘などの時代錯誤の靖国派の右翼議員ら...
2016/05/17(火) 15:38:47 | 逝きし世の面影