激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 TPP協定署名式を地上波テレビはごく軽い扱い 終日、清原の話題を垂れ流し
2016年02月04日 (木) | 編集 |

 グローバル(多国籍)企業の国家支配計画であるTPPの署名(調印)式が
本日、ニュージーランドで行われた。参加は12ヵ国。
日本からは辞任した甘利氏の後任・石原氏ではなく、内閣府副大臣の高鳥氏が
和服姿で参加した。ま、新たな支配者である巨大企業にとっては、植民地の
政治家の顔が変わろうがどうでもいいことなのかもしれない。

 地上波のテレビはあきれるほどTPPのTの字も出さずに清原逮捕か北朝鮮
ミサイル(人工衛星打ち上げのロケット)の話題に終始しているので、あやうく
今日が署名式だったことを忘れるところだった(・・;)
さすがにSC放送のニュースでは、繰り返し署名式について報じていたが。
民主党の政権交代直後も、テレビ・新聞は酒井法子の薬物使用逮捕について
朝から晩までワーワー大騒ぎの連続で、政権交代ショックに陥った自民党と
大手メディア、官僚、財界らがこぞって民主党叩きに奔走した。
その時とまったく同じパターンで、安保法制、改憲用の「おためし」緊急事態条項、
アベノミクスの失敗、TPPの嘘、ムサシによるインチキ選挙、支持率偽装そして
甘利スキャンダル隠しのために、SMAP、ベッキー、困ったときの北朝鮮ミサイル、
清原逮捕と、これまでストックしてあった「スピン」の数々をここぞとばかりに
繰り出してきたってわけだ。







    SPUTNIK 2月4日
      http://jp.sputniknews.com/business/20160204/1551239.html

            TPPに12カ国の貿易省が合意

TPP公式合意の公式的な調印式がニュージーランドのオークランド市で12カ国からの貿易相が参加して執り行われた。豪州のニュースネット配信News.com.auが報じた。

調印式に参加したのは豪州、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ペルー、シンガポール、米国、ベトナム、ニュージーランドの12カ国の大臣。これで合意はこの先、各国での承認作業を経ることになるが、発効には最低でも2年はかかるものと予想されている。

調印式は抗議行動を背景に行われた。調印式が執り行われている建物の周りには数百人が集まり、TPPは加盟国各国の経済の独立性に否定的影響を及ぼすとして、合意締結への異議を唱えた。

TPP創設は2015年10月に合意に達した。この枠内でアジア太平洋地域に自由貿易圏が創設される。アジア太平洋諸国には世界経済の40%、国際取引の3分の1が集中している。







写真はBBC 
ホワイトハウス前でTPPに抗議する人たち(2月3日)

またオーストラリアTVは、各国民の多くがTPPに反対していること、
特に米国は大統領の交代があり、日本はスキャンダルで担当大臣が
辞任したので、承認に至るのは困難だろうと報じていた。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。