激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 2016年 世界はど~なる?
2016年01月02日 (土) | 編集 |

 気温が高く穏やかなお正月。
仕事はいつもより人数が少ないのでてんてこ舞いの忙しさだが、遊びに来ている
娘親子に手伝ってもらい、なんとか時間に間に合うよう仕上がっているので
あと4~5日がんばれば、箱根駅伝じゃないけど山を登れそうだ(^_^;)
しかし昼間のうちは我慢できても、夜遅くなるにつれて痛みが出てくるのが辛い。


 さて去年の暮れから話題になってる、恒例の英エコノミスト誌の表紙イラスト。
ロスチャイルド家の意向を反映した経済誌だけに、世界の注目も集めているわけ
だが、判じ物みたいな不気味なイラストが散りばめられていて、これがまた多くの
人の興味をそそっているのだ。
下は日経BP社の日本語版。






とっちらかったかんじの2015年版よりは
ずいぶん落ち着いた絵になっている。
去年は安倍首相が描かれていない点が話題になったが
今年は隅の方で、小さく復活した(´Д`;)
中心はドイツのメルケル首相。
しかし各国首脳のうち、習近平国家主席と
プーチン大統領以外の顔がモノクロなのはなぜ?






実はこれがイラストの全体で、表紙になったのは左半分のみなのだ。
隠された右側は何を意味しているのか?
そして今年の世界は、いったいど~なるのだろうか。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック