激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 猫たち、それぞれの冬
2015年12月15日 (火) | 編集 |

 本日と明日の2日間で館内の大掃除。
主に障子の張替えとエアコン・電気の傘の掃除だが、ベテランのパートさんがひとり
欠けたので、仕事のやりくりが大変だ(ーー;) 
おまけに手順を全部書いて説明しても、その通りにやらない人もいるので((ま、いつも
のことだが)、あちこち行って手とり足とり指導しなくちゃならず、ただでさえ体調が悪い
のに、重いものを運んだり階段の昇り降りや掃除機かけで、身体中が痛くなった


 で、こちらは本日の猫さんたち。




ふと見たら、布団の上を3匹の猫が占拠中。
意外なことに、これまで仲が悪い同士のハナのお尻に
あきがくっついて横になっていた。
子猫のあきをハナが追いかけて意地悪してたのだが
あきが大人の猫と遜色のないほど成長したので
勢力関係が変わったのかもしれない。
ちなみにハナのお腹の下から出ているのは、ギンのしっぽ。






一方こちらは、みんなの嫌われ者、外猫のマダラ。
内と外では、猫の格差も大きい(-_-;)

ここ数日でひどい風邪をひいたのか、ものすごい青っ鼻というか
鼻水とヨダレを垂れ流していたので、ストローにティッシュを巻いて
ぬぐってやった。毛もパサパサヨレヨレになったので疥癬の薬を
もらって飲ませたが、写真を見た獣医さんが、これは疥癬ではなく
猫エイズの疑いがあり、口内炎がひどいのでグルーミングができない
状態になっていると教えてくれた。最初にうちにやって来たときから
鼻詰まりがひどかったので、もともと感染していたのだろう。
たぶんこの冬を越すのは難しいかもしれないとも言われた。

そんな体調にもかかわらず、ハチやクッキーたちのエサ場にやってきて
器の中身を偵察するマダラ。運命は過酷だが、それぞれが自分の
運命を受け入れて生きていくしかない。
ただなぜか私には異常になついているマダラだけに、
あまり邪険に扱えないところが辛い。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。