激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 自民党の街頭演説で、谷垣・山谷氏が市民らの怒号を浴びる
2015年06月09日 (火) | 編集 |

4日の衆院憲法審査会の参考人質疑に招かれた憲法学者3人が
そろって「安保法案は違憲」と明言したことで、あせった自民党は7日、
全国39都道府県でいっせいに、安保法案の必要性を訴える街頭演説を
実施した。
ところが自民党の思惑とは反対に、法案に反対の市民たちがプラカードを
掲げ「戦争反対」や「帰れ」コールを浴びせ、演説の声をかき消すほどだった。
下は6月8日の日刊スポーツの紙面より。





下段は、中谷防衛相が13年に雑誌の対談で
集団的自衛権をめぐり、憲法解釈変更による
行使容認はすべきではないと発言していたことが
新たにわかったという内容だ。
この「変節」ぶりをどんどん糾弾してほしい。





 こちらは6月9日の東京新聞「こちら特報部」。
「カウンター(対抗)」とは、現場で直接抗議する手法のこと。





市民運動に詳しい五野井郁夫・高千穂大准教授(政治学)は
「強引な国会運営や有識者の意見を軽視して立憲主義を自殺に追い込む
現政権に対し、市民が自分の意見を伝えるには路上しかないと気づいた。
街頭演説にブーイングしたり『間違っている』と発するのは全く健全な
民主主義の手段」 「谷垣氏への一件でカウンターは完全に
日本に根付いた」と語る。






右下の「デスクメモ」。
谷垣氏だけでなく、同じく壇上の山谷氏も
「ザイトク帰れ」と罵倒された。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック