激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 国際サッカー連盟(FIFA)幹部逮捕の背景に、またしてもマケイン米上院議員の影
2015年05月28日 (木) | 編集 |

今朝の海外メディアは、国際サッカー連盟(FIFA)のジェフリー・ウェブ副会長ら
FIFA幹部7人をFBIの要請で逮捕したと大々的に報じた。
なぜサッカー王国でもない米国のFBIが関与しているのか?
それにこの逮捕劇はあらかじめメディアに伝えられていたらしい(ドイツZDF)。
とキナ臭い背景を感じつつ、まずはロイターの報道から。






5月27日、米司法当局は、国際サッカー連盟(FIFA)の
ジェフリー・ウェブ副会長ら9人とスポーツ関連会社幹部ら
5人の計14人について、24年間にわたり1億5000万ドル
(約185億円)超の贈収賄に関与したなどとして起訴したと発表した。
写真は、米司法省に訴追されたFIFAの関係者(2015年 ロイター)



   ロイター通信  5月28日
    http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKBN0OC2VG20150527

          サッカー=FIFA副会長ら14人を起訴、賄賂総額は185億円超 

 [チューリヒ/ニューヨーク 27日 ロイター] - 米司法当局は27日、国際サッカー連盟(FIFA)のジェフリー・ウェブ副会長ら9人とスポーツ関連会社幹部ら5人の計14人について、24年間にわたり1億5000万ドル(約185億円)超の贈収賄に関与したなどとして起訴したと発表した。

スイス司法当局はこのうち、ウェブ副会長らFIFA幹部7人を逮捕した。身柄を米国に送る手続きを進める。同当局はまた、2018年と22年のワールドカップ(W杯)開催地選定をめぐる不正の捜査を開始したと明らかにした。

スイス当局が逮捕したFIFA幹部7人はいずれもラテンアメリカ・カリブ諸国の出身。米国への移送は、被告人が手続きに異議を唱えれば数年かかる可能性もある。スイス当局によると、6人が移送に異議を唱える方針だが、1人は移送に同意しているという。

米当局は、今後さらに身柄の拘束を進めるとしたものの、5選を目指しているFIFAのブラッター会長(79)が捜査のターゲットとなっているかは不明。FIFAは29日に開く総会で、予定通り会長選を実施するとしている。     












で、お次は今朝のロシアTVより。
今回の米司法当局すなわちFBIがしゃしゃり出た起訴・逮捕事件には、どうやら
FIFAのブラッター会長が目障りの連中が関与しているという。
そしてまたしてもこの人の登場だ。





マケイン米共和党上院議員。

(反ロシアの最先鋒である)マケイン上院議員とメネンデス上院議員は、ブラッター会長に
2018年のワールドカップ・ロシア大会の開催地を変更するようたびたび求めていた。
しかし会長がこれに応じないことから、FIFAの会長選挙で再戦を阻止するよう求める
書簡を公開していた。






書簡では、ロシアがウクライナの領土を侵害し世界の安全保障体制を脅かす中
ブラッター会長は2018年のワールドカップ・ロシア大会の開催を支持しており
われわれはブラッター会長が再び会長に選ばれないことを求めるとした上で、
ロシア以外でのワールドカップ開催を目指す人物を会長に選んで欲しいしている。

今回チューリッヒで逮捕されたFIFA関係者の中に、ヨーロッパ出身者は一人もいなかった。
政治でもロシアを支持している中南米の関係者が狙い撃ちされた形になっている。




ロシアをなんとしても壊滅させたいという暗い情熱に突き動かされているマケイン
議員は東欧や中東・アフリカにおける一連の「民主化運動」の仕掛け人の一人であり、
民主化という名のもとに、各国の主権を侵害し、結果的に混乱と内戦をもたらし
てきた。
ロシアがウクライナを侵害と言っているが、そのウクライナのネオナチを使って
クーデターを起こしたのは、取りも直さずマケイン議員本人である。
こうしたネオコン戦争屋が牛耳っている世界は、今後しばらくは(日本も含めて)
世界を戦乱の渦に巻き込んでいくことだろう。
だが米国の覇権がいつまでも続くとは限らない。
そうした状況を正しく見極めて世界情勢を見ていく必要があるのだ。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
FIFA事件がキムチテレビで流れた時に嫌~な臭いがしたんで調べてたら此処にきました。今回もバビロニアタルムード信者達だったんですね。フェニキア人と言いますか、古代から、ターゲットの国に寄生して乗っ取り、他国を侵略し、奴隷商売、阿片商売、戦争、強奪で巨万の富を手にしている連中の仕業ですね。納得です。拝読させて頂き有難うございました。
2015/06/09(火) 01:30:24 | URL | 三毛猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。