激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 日本をまるごと私物化  「明治日本の産業革命遺産」も安倍首相の個人的好みで選考
2015年05月07日 (木) | 編集 |

富士山が世界文化遺産になったばかりなのに、今度は「明治日本の産業革命遺産」
が登録勧告を受けたということで、さっそく各地の施設に観光客が押し寄せたと
ニュースでやっていた。
有名になる前に見物に行くのが通(つう)なんだよと内心でうそぶきつつ(^_^;)、23施設
も登録するのはいくらなんでも大盤振る舞い過ぎるんじゃない? 何となく違和感を
感じる。特に名称が「明治日本の」となっているのに、幕末の韮山反射炉も入っているし
それなら「幕末日本の」とすべきだろう。同様に、軍艦島はなぜ明治?

で、もともとは「九州・山口と関連地域」の遺産を登録するつもりだったと知ってなるほどな
と納得すると同時に、本来は長崎の教会群を登録するはずだったのを、急遽明治時代、
しかもあくまで九州・山口メインとするよう官邸のゴリ押しがあったというからくりに、今年
の大河ドラマと同様、すべてが安倍首相の個人的な好みが反映していることに鼻白んだ。
これ以上、日本を私物化するな(゚Д゚)ノ






図は東京新聞より。



     東京新聞 5月5日
       http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015050502000125.html

         産業革命施設 世界遺産へ 明治日本の発展示す

 政府に四日入った連絡によると幕末から明治の重工業施設を中心とした「明治日本の産業革命遺産」(静岡など八県)の全二十三施設を世界文化遺産に登録するよう国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が勧告した。七月三~六日にドイツ・ボンで予定されている世界遺産委員会の審査で正式に決まれば、「富士山」(山梨県、静岡県)、「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)に続き三年連続で、日本の世界文化遺産は十五件目になる。 

 産業革命遺産は、静岡県伊豆の国市の韮山(にらやま)反射炉や「軍艦島」の通称で知られる端島(はしま)炭坑(長崎市)などで構成。官営八幡(やはた)製鉄所(北九州市)や三菱長崎造船所(長崎市)が導入し百年以上にわたって稼働し続けている施設が含まれる。

 諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)は「西洋技術を積極的に改良して日本のニーズや伝統に適合させ、五十年余りという短期間で本格的な産業化を達成した」と歴史的な価値を評価した。「九州・山口と関連地域」とのサブタイトルを「製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」に変更し、老朽化が進む軍艦島の保全対策などを二〇一八年の世界遺産委で報告することも求めた。

 世界遺産委では日本やインドなど二十一の委員国が合議し登録の可否を決める。日本が推薦した候補で登録勧告が覆された例はない。だが今回は委員国の韓国が「朝鮮半島出身者を強制労働させた施設がある」と強く反対しており、審議が紛糾する恐れもある。 (以下略)





というわけで、どさくさ紛れで遺産の一つに加えられた「韮山反射炉」。
地元では長年大切に保存してきて、しかも世界遺産に登録されるのは悲願だった
のだが、今に至るまで明治政府に対する賊軍扱いされている旧幕府の逸材たちが
行った偉業を、十把一絡げに扱ってほしくないというのが本音でもある。

雑誌『時空旅人』5月号に、ちょうど韮山反射炉が掲載されていたので、その部分を
ご紹介したい。




   

左:表紙。この号の特集は、忘れられた歴史の影 敗者から見る幕末
「義に殉じた武士の意地 長州に敗れた漢たち」

中:幕末の天才 韮山代官・江川英龍(えがわひでたつ 号は坦庵たんなん)
幕末の教育者というと吉田松陰や佐久間象山ばかりがもてはやされるが
その象山が入門したのが江川の韮山塾であり、江川が近代化推進に
及ぼした影響力は計り知れない。

右:江川坦庵が建設した韮山反射炉。



    

左:江戸湾のお台場を設計・建造したのも江川である。

右:日本に来航したのはペリーだけではない。
ロシア使節ラクスマンやレザノフをはじめ、プチャーチンも来航し
日露和親条約が締結された。恫喝外交のペリーに対して
プチャーチンは日本側に紳士的に接した。
 



 参照

 本当の日本の夜明けはここから始まった。静岡県韮山・江川英龍邸探訪 その1
         http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20110111.htm

 静岡県韮山・江川英龍邸探訪 その2 韮山反射炉
       http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20110112.html

 日露友好の原点 西伊豆・沼津市戸田を訪ねて その1
       http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20100119.html

 日露友好の原点 西伊豆・沼津市戸田を訪ねて その2
       http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20100120.html





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック