激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 猫のマダラ、手術する
2015年04月03日 (金) | 編集 |

ブチコ(去年の春生まれ)に続いて、マダラも先月末に避妊手術をした。
去年はブチコたちと同じくらいの大きさの黒い子猫を連れていたマダラだが
その後、子猫の姿を見かけたことはない。
野良猫の多くが猫エイズに罹っており、出産時に子どもにも感染する。
マダラが病気を持っているかは検査をしなかったのでわからないが、確率は
五分五分である。メス猫を避妊すれば、相手に病気をうつしたり、また逆に
うつされる危険も小さくなるし、子宮蓄膿症などの病気も避けることができる。






手術前のマダラ(左)。
恋人で、黒い子猫の父親とみられるハナクソと一緒に。
うちで餌を食べるようになって、体がふっくらした。
なかなかのセクシーポーズですね(~_~)






これは手術直前のマダラ(右)。
最近やってきた流れ者のオス・マイケルと。
ずっと嫌っていたマイケルと突然仲良くなったので、私もびっくり。
マイケルは他のメス猫たちからも嫌われている。なぜかな(?_?)






手術後、数日経ってからのマダラ。
お腹に妊娠初期の胎児が5匹もいたので、普通より大きく切開した。
そのためにゲージに入れたまま、部屋で3日間保護していたのだ。
これまで保護してきた猫たちと違って、マダラはおとなしくゲージの中で
じっと過ごし、排泄物もシートの隅できちんと処理していたので感心した。
外に放しても、その場に居着いたままで、すぐにスリスリしてくる。
以前いたチャチャと同様の、ストーカー猫の誕生か。
実はマダラも他の猫たちから嫌われているので
ここにずっといられると、他の猫たちが食事しに来られないので
とっても困るんですが、マダラさん。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
「フリーメーソン政府は全身全霊日本国憲法違反である」
ヒロヒト発言記録(1946・4~6)
nueq.exblog.jp/20875307/

皇紀始まって以来最もたくさんの大和民族を戦争で殺した極悪非道戦争犯罪者似而非天皇ヒロヒトは皇太子時代にイギリスへ行ってフリーメーソンになって帰ってきた。同じくイギリスフリーメーソン長州ファイブ非人明治政府伊藤博文以来の田布施システムど真ん中の鬼畜外道である。

第二次世界大戦終結後ユダヤフリーメーソンマッカーサーが温存したのは天皇制じゃなくて田布施システムであり、田布施システムを日本国憲法に規定がない非合憲行政庁宮内庁として日本政府の奥深くに隠匿温存したのである。つまり日本の泥棒官僚田布施エタ非人システムの中枢は宮内省にほかならない。宮内省の詐欺道具が憲法違反放送法フリーメーソン放送局NHKである。

沖縄をいまも虐げている日米安全保障会議は、ヒロヒトと吉田茂が国際法違反で単独密約した日米安全保障条約に基づいて設置されている。日米安保条約は国際法違反の二国間密約であるから、日本国憲法最高法規第98条の対象外である。

第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
2015/04/23(木) 01:28:00 | URL | 通りがけ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/01(金) 23:51:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
これは官邸にプレゼントされたものと同一機かな? 夢の島でこれを飛ばしているのを見ました。その時の写真です。確か10万円台半ばと聞きました。空の上からカメラの画像が手元のタブレットにライブで届きます。2キロくらいは大丈夫かなぁと話していました。GPS機能搭載...
2015/04/23(木) 15:21:02 | f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜