激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 私って何?
2015年01月10日 (土) | 編集 |

本棚を見ると、その人となりがわかると言うが、では自分自身はどんな人間なのか、
ことに仕事に忙殺されて自分というものを見失っている時は、そうした問い直しが、
連綿と続く日常という一種の牢獄の中での、かすかな希望や活力になり得るのかも
しれない。

先日書いたウィリアム・ブレイクの詩や絵画に触発されたわけでもないが(^_^;)
今回はわかりやすく、好きな絵画が数多くある中で、私が最も好きな3枚を選んでみた。






アンリ・ルソー「眠れるジプシー女」

小学校の図工の教科書に載っていた絵。
この絵を見た瞬間、まるで魔力にとらわれたかのように
自分の魂が、静寂に包まれた夜の砂漠を彷徨うさまを感じた。






ジョルジョ・デ・キリコ「街の神秘と憂鬱」

これも小学校の図工の教科書で知った絵。
この絵を見た者は、過去の共通した古い記憶を呼び覚まされ
懐かしさと不安とを同時に感じるといわれる。
20代の終わりに、キリコのこの絵をモチーフに
『午後の部屋』という短編を書いた。






ルネ・マグリット「大家族」

大学生の時に、なぜかこの絵をはさんだファイルを持ち歩いていた。
実際の色合いは、もう少しグレーがかっている。
この絵を見るたび、若山牧水の歌
「白鳥は哀しからずや 空の青 海の青にも 染まずただよふ」
が思い浮かぶ。
マグリットは、ダリ、エッシャー、ミロ、エルンストらと並んで
好きなシュルレアリスムの画家の一人である。






ついでに好きな歌をあげると…

U2 の、特にアルバム「ヨシュア・トゥリー」の中の
     「Where the Streets Have No Name」 と
     「Still Haven't Found What I'm Looking For」

ジャーニー の 
     「Only the Young」 と
     アルバム「フロンティアーズ」の中の「Troubled Child」

アート・ガーファンクル の
     「ブライト・アイズ」
これはアニメ「ウォーターシップダウンのうさぎたち」の主題歌である。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。