激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 女性2閣僚の辞任:「任命責任はワタクチにありましゅ」って言った安倍ぴょん自身、虚偽記載で告発状が出てるけど、こっちの責任はどう取るの?
2014年10月21日 (火) | 編集 |

いわゆる「巧言令色鮮し仁」ってところか。
口先だけでペラペラと取り繕い、他者への思いやりは持ち合わせない。
初めからリーダーとしての資質を欠いた人間が権力を握れば、国は滅ぶ
一方でしかないのだ。


    朝日新聞 10月20日
      http://www.asahi.com/articles/ASGBN4HRNGBNUTFK00S.html

           安倍首相「任命責任は私にある」 2閣僚辞任で陳謝

 安倍晋三首相は20日午後、小渕優子経済産業相と松島みどり法相の辞任について「任命したのは私で、任命責任は私にある。こうした事態になったことを国民に深くおわびする」と首相官邸で記者団に語った。

 首相は「2人からは『自らの問題によって、政治、行政に遅滞をもたらすことは許されない。よって辞任したい。経済再生、女性が輝く社会を作っていくうえにおいて貢献できずに大変申し訳ない』という話があった。2人の意思を尊重して辞表を受理した」と述べた。
その上で「後任には、今回の出来事も踏まえ、国民の信頼を得る、それぞれの分野に通じた方を選びたい」と述べ、20日中に後任を選ぶ意向を示した。




もし今回の責任を取って国民に深くお詫びしたいと本心から思うのなら、
まず自らの疑惑の責任をきちんと取って、小渕・松島に続き、速やかに辞任してほしい。





告発状を提出し、記者会見する醍醐聡東大名誉教授(左)ら
8月18日午後、東京都千代田区



    共同通信 8月18日
      http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014081801001506.html

        安倍首相の資金管理団体を告発 「収支報告書に虚偽」

 安倍晋三首相の資金管理団体「晋和会」の政治資金収支報告書に、寄付した人の肩書について虚偽の記載があったとして、ジャーナリストや大学教授ら4人が18日、政治資金規正法違反(虚偽記載など)の疑いで晋和会の会計責任者と、代表である首相本人の告発状を東京地検に提出した。

 告発状では、晋和会の2011、12年の政治資金収支報告書に記載された寄付者9人の肩書が虚偽だったと主張している。NHK職員を「会社役員」と記入した例もあったが、9人の肩書はその後いずれも訂正されたという。会計責任者には虚偽の肩書を記入した疑いが、安倍首相には監督を怠った疑いがあるとしている。





以下のは、Twitterでの拾い物。
もちろん、よろこんで削除します\(^o^)/









スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック