激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 アナグマとの攻防の日々
2014年09月02日 (火) | 編集 |

この夏―7月、8月は酷暑に加えて忙しく(仕事が忙しいのはありがたいことなんだが)
いろいろな体の部位も悪くと、もうひどい3重苦で、一日無事に生き抜くのが精一杯という、
もはや奴隷労働に等ししい状況で、精神的な平衡を保つのに苦労する日々だった。
そうした余裕のない状態に追い込まれると、悲しいことに世の中の動きのことなどどうでも
よくなるというか、国内のしょーもない御用ニュースは見ざる聞かざるに徹して、代わりに
各国の海外ニュースをしっかり視聴していた。なんちゃってm9(^Д^)


さてこの夏は、家の内外の動物たちの世話に明け暮れる日々でもあった。
内猫、外猫の面倒で手一杯という中、ニホンアナグマ連中の面倒も見なくてはならず
大食いの彼らとの攻防戦が果てしなく続くのであった。
いい加減、どっか山の中に戻ってくれないかなぁ C= (-。- )





食事にやってきた大人のアナグマ。
お尻が見えてますよー。
もう何代目のファミリーになるのか、わけわかんないわ。






猫のブチやマダラと同じ時期に
なんとアナグマも出産していたのだった。
しかも3匹ヽ(´Д`;)ノ
自分らの分だけでなく、猫のご飯もすべてたいらげる大食漢。
おまけに飲み水の入れ物に顔ごと突っ込むから、泥だらけ。
一日に何度水を入れ替えて、全部の食器を洗って
新しくエサを補給することか…。
あー、もーたまらん。疲れる。
私の疲労の半分は、アニマルどもの世話のせいじゃ。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。