激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 都議会の女性蔑視やじ 女性議員への暴言はこれだけではなかった
2014年06月26日 (木) | 編集 |

6月18日、東京都議会本会議で女性の妊娠・出産への支援策を質問していた
みんなの党の塩村文夏議員へ向かって、「自分が早く結婚した方がいいんじゃないか」
「産めないのか」などといった複数の女性蔑視やじが飛んだ。
塩村議員の訴えで、当初は関与を否定していた自民党の鈴木章浩議員がようやく
名乗り出た他は押し黙ったままで、発言者の特定を求める決議案も否決された。

やじを飛ばした男性議員らのあまりの低次元、品格を全く欠いた言動にはあきれる
ばかりだ。女性蔑視に加えて、沈黙して逃げ回る卑怯な態度が世界中に晒されている。
かつてのサムライのプライドなどこれっぽっちも残っていない(ーー゛)
しかも、暴言はこれだけではなかった。
今週号の「女性自身」に、これまで悔しい思いをしてきた女性議員たちの告発記事が
掲載されている。
たった一人の謝罪で幕引きを図ろうとしている自民党には、これからも大きな怒りの
鉄槌が下ることだろう。


    




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
善峰寺(京都・西山)の紫陽花(20140625) ・・・これら三枚の画像は、miyumiyu@reimondokobatiさま からご提供頂いた。 Chopin - Valentina Igoshina - Fantasie Impromptu <注記>ライシテ(laicite:ローマ・カトリック教会権力に対抗する“世俗的、俗人的”を意味す
2014/07/01(火) 21:02:10 | toxandoriaの日記、アートと社会