激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 イラクの都市モスルを武装勢力が制圧 イラク戦争とは何か?
2014年06月11日 (水) | 編集 |

今日は早朝からイラクのニュースが大きく取り上げられていた。
イラク第2の都市モスルが、武装勢力に制圧されたというのだ。





6月10日、イラク北部の都市モスルが、アルカイダ系の
イスラム教スンニ派過激派組織「イラクとレバントのイスラム国」に
掌握された。写真は煙を上げる治安部隊車両(2014年 ロイター)



     ロイター通信 6月11日
       http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EM06I20140611

       過激派がイラク北部のモスル掌握、首相は非常事態宣言を要請 
 
[モスル(イラク) 10日 ロイター] - イラク北部の都市モスルが10日、アルカイダ系のイスラム教スンニ派過激派組織「イラクとレバントのイスラム国(ISIL)」によって掌握された。マリキ首相は非常事態宣言の発令を国民議会に要請した。

 スンニ派の過激派組織は今年初め、中西部アンバル州ラマディの一部とファルージャを掌握。モスルの掌握は、シーア派主導の同国政府にとって大きな打撃となる。

 軍当局者は「軍と警察は配置を離れ、ISILのテロリストが(同市を)完全に支配している」と述べた。別の当局者はロイターに対し、ISILのメンバーが市街戦の訓練を受けていると指摘。モスルから撤退させるにはすべての軍部隊を投入する必要があるとした。

 警察や軍、治安当局者は、ISILが対空砲やロケット弾で武装し、モスル市内と周辺地域の警察や軍の検問所のほぼすべてを掌握したと話した。また、複数の刑務所から合わせて1200人以上の受刑者が逃走した。

 米国務省は声明で、モスルでの状況について「深く懸念している」と表明。イラク政府にあらゆる支援を提供する考えを示した。



まだ半分寝ぼけた頭でテレビの声を聴いていたので詳しくは覚えていないが、
過激派組織の攻撃でイラク政府軍は逃走し、避難する市民たちの車で道路は大渋滞。
以前モスルで戦って、今は脳に後遺症を負った復員米兵は、いったい何のために
戦ったのか、虚しい思いでいっぱいだとテレビインタビューで語った。

そう、大量兵器疑惑で米国が一方的に攻撃をしかけ、未だに膨大な犠牲者を生み
続けているイラク戦争とは何なのか?
大量兵器とはCIAのガセであることが発覚した(日本政府だけは未だに認めていないが)。
では何が戦争の原因だったのか? 

これには原油をめぐる「通貨」が深く関係している。
当時、基軸通貨であるドルに対抗するようにユーロが流通し始め、イラクのフセイン大統領は
ユーロでの原油決済に変更すると明言して、米国の怒りを買った。
なぜならドルの基軸通貨としての根拠は、原油取引=ドル建てという点にあったからだ。
こうして米国に逆らったイラクは徹底的に攻撃され、フセインも処刑された。

ついでに加えれば、リビアのカダフィ大佐もアフリカ共通通貨構想を画策して攻撃され、
カダフィ自身も殺害された。他にもドルを脅かす新通貨構想を持ち出して犠牲になった
国やリーダーも少なくない。
イラクをはじめとして米国が関わりを持った幾多の戦争とは何か(現在のウクライナ紛争も
含めて)、その本質をしっかり見極める必要がある。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック