激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 都知事選、あなたの一票が東京から日本を変える
2014年02月06日 (木) | 編集 |

細川・宇都宮両陣営を脱原発で一本化できないまま、都知事選の9日が近づく。
メディアは相変わらず舛添優位を報じ、ひたすら小泉隠しを図っている。
おまけに投票前日の8日は東京周辺が大雪だとか。
う~ん、結果がどう出るのか心配だ。







左からソージ、イサミ先生、トシちゃん。
自由民権運動発祥の地、多摩出身の新選組も
脱原発のリベラル候補を応援してます(^^;

ちなみにトシちゃんは、明治元年12月に
箱館政府の選挙(入札)で第6位という高い得票を獲得し
「陸軍奉行並箱館市中取締裁判局頭取」という役職に就任。
後の明治中期には、近藤家及び試衛館の門弟たちや
土方家の子孫が自由党に入党し、自由民権運動を牽引するなど
元々政治に関係の深い人たちなんです。
イサミちゃん自身も、剣客というより有能な政治家だったしね。

みんな、政治に興味を持って選挙に行こう!
小さなその1票が、東京をそして日本を変える
大きなパワーを持っているのだから!




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★二月九日におこなわれる都知事選は大雪のため無党派の出足が鈍る、よって自民、公明、連合の組織票をバックにした舛添要一が勝つ・・という説があるが、本当にそうなるのであろうか。人品骨柄、言動からみて都知事に相応しい人物とは到底思えないし、あのような人物を東京の顔にしたら東京都民は世界中からバカにされると思うのだが、まあ、日本は国際相場に疎い人が多いからそれも仕方ないか。では誰がいいかと問われると...
2014/02/08(土) 15:00:50 | 木霊の宿る町
『人口がベラルーシの5分の1の福島県で75人』 チェルノブイリ原発事故後のベラルーシ(人口1000万人)に当てはめれば人口が200万人の福島県の75人とは、375人に相当する無茶苦茶な数字なのです。 ベラルーシでは最悪だったチェルノブイリ事故から9年...
2014/02/09(日) 10:51:06 | 逝きし世の面影