激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 やっと戻ってきましたよ(=^・^=)
2013年12月27日 (金) | 編集 |



テネシー・ウィリアムズの戯曲『やけたトタン屋根の上の猫』
ならぬ、電気鍋の上のシマコ



先月からいろいろ体調が悪くなった上に、今月18日に義母(大女将)が亡くなり、
何が何やら、てんてこ舞いのうちに、ようやく葬儀が終わった。
で、そうこうしているうちに日本はズタボロ状態になっていたというわけで、われら
一般国民は、アホで無慈悲な政治家や官僚の策謀によって、焼けて熱いトタン屋根の
上に追い詰められた猫のように、逃げ場を失って絶望的な思いに駆られているのだ。


それにしても、直前のオバマの説得電話にも聴く耳を持たず靖国参拝を強行した
安倍首相といい、県民の声を無視して辺野古埋め立てを承認した仲井真知事といい、
民主政治の根幹を踏みにじって暴走する政治家たちの酷さといったらない。

猪瀬切りを図った徳洲会事件の本当のターゲットは石原慎太郎かと思っていたら、
本命はこれも徳洲会マネーで当選した仲井真知事だったということか。
金、金、金。拝金教という宗教に席巻された日本。命よりも重いマネーと利権という現実。

そして安倍の思慮なき靖国参拝はさらに波紋を広げ、中韓米どころかロシアやEUからも
批判の声があがった。先の大戦時の日本包囲網のようだ。
今回は安倍内閣が心酔しているナチス(ドイツ)さえ同盟国ではなく、日本は完全孤立化の
危機にさらされている。あとは国連を脱退して、無謀な局地戦でも始めるつもりなのか?
安倍の好きな英霊たちが泣いているよ、たった一人の無能な政治家のせいで再び戦争が
起きれば、何のために多くの命を犠牲にしたのかわからないって。
私のおじも3人若くして戦死して、その未来を奪われたのだから。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
結局国家ゴッコ屋さん達や戦争ゴッコ屋さん達の思う壺に日本社会は動かされているのでしょうね。その号令機関が学校だったりマスメディアだったり職場だったりして、そんなのとは無関係に生きていてもジワジワと巻き込まれるのでしょう、、、ヤダヤダ。

焼き猫w
2013/12/30(月) 21:16:28 | URL | 混沌エラー(軒下蛙) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『殺るか殺られるか』(自衛隊、韓国軍に1万発の銃弾提供) 南スーダンではキール大統領(ディンカ族)とマチャール元副大統領(ヌエル族)との確執がマチャール派による大統領府襲撃事件から部族抗争へと発展。首都ジュバではすでに500人以上が死亡、避難民も10万人を...
2013/12/29(日) 09:52:13 | 逝きし世の面影
これが今日の現場そのものではない。しかし新疆ウイグル地区では北京がやむをえず発表した件だけでも同じような暴動が頻発している。 30日ロイターの伝えるところでも新疆ウイ ...
2013/12/30(月) 16:26:23 | 黄泉の国から
『二度あることは三度あるか、それとも三度目の正直か』 ヨハネ黙示録の世界の最後の日(ハルマゲドン)の1999年12月31日や、マヤ暦の最終日の2011年10月28日は大外れで世界は何事もなかったが、北欧神話ではもう一つ(三度目の正直)の『世界の終り』...
2014/01/02(木) 12:46:36 | 逝きし世の面影
Lara Fabian モネ『かささぎ』 ・・・Claudo Monet(1840-1926)「The Magpie」1868-1869 Oil on canvas 89x130cm Musee d’Orsay 、Paris ・・・寒々とした冬の光景にもかかわらず、この静寂と懐かしいようで幸せな光は一体どこから来るのか? この温もりがあるモネの光は
2014/01/04(土) 09:06:42 | toxandoriaの日記、アートと社会
『100年前の世界、?2から?3に後退した敗戦国フランス』 100年前の1914年6月28日、サラエボで響いた一発の銃声が引き金となって、人類は未曾有の世界大戦に突入するが、欧米列強がお互いに潰し合う全面戦争をした原因が分かっているようで良く分かってい...
2014/01/05(日) 10:45:42 | 逝きし世の面影
京都は二条城地下鉄の二番出口からすぐ近くにあるけれど平屋の連なる路地の奥で地味に建立っている割にはご利益が多いらしく結構人気がある神社だと評判である。 原発にしても、 ...
2014/01/05(日) 13:21:45 | 黄泉の国から
『腹立たしいし、あまりにも馬鹿馬鹿しい』 7年前の第一次安倍内閣時代に自民党総裁選挙の公約だった靖国参拝が出来なかったことが『痛恨の極み』と言っていた安倍晋三が、再度(二回目)の首相就任した1周年目の12月26日に靖国参拝を決行したのは当然であり、あ...
2014/01/10(金) 15:27:52 | 逝きし世の面影
『戊辰戦争と咸臨丸事件』 咸臨丸(620t)は徳川幕府の洋式の軍艦としては、観光丸(外輪船)に次ぐ2番艦であるが、洋式のスクリューを装備する船としては初の軍艦でオランダで建造されている。 勝海舟など日本人だけで初めて太平洋を往復したことから名を知られるが、そ...
2014/01/14(火) 10:58:39 | 逝きし世の面影
『極悪プロパガンダ』 1月16日付け毎日新聞コラム 『Dr.中川のがんの時代を暮らす』/83では『期待大きい「がん登録制度」』と題して、『昨年12月6日、特定秘密保護法が国会で成立した日、この法律の陰に隠れて、ひっそりと成立した重要な法律がありました...
2014/01/17(金) 11:01:06 | 逝きし世の面影