激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 官僚に操られる安倍内閣の一端がここにも
2013年12月03日 (火) | 編集 |

朝、時計がわりにたまたまテレビをつけたら、テレ朝の「モーニングバード!」で
コンゴ民主共和国(旧ザイール)の日本大使館放火事件について解説していた。
犯人は当時勤務していた3等書記官で、どうやら公金横領の事実を隠蔽しようと
して放火に及んだらしい。
で興味深かったのは事件そのものではなく、下の図にあるように海外の大使館
の数の推移だ。大企業への天下りと同様、いや大使になれば一財産作れるという
ほどおいしい外務官僚の天国・大使館。







その数が急増するのが第一次安倍内閣以降で、これを見るだけでも安倍内閣の
性格がわかろうってものだ。
かくして安倍という官僚の操り人形のもとで、消費税増税、TPP、特定秘密保護法案…と
官僚独裁国家が着々と完成しつつあるのだ。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『不確実性や不完全情報からの非合理的な経済学』 今までの伝統的な近代経済学ではアダム・スミスの『見えざる神の手』理論のように、完全合理性を備えた経済人(ホモ・エコノミクス)を仮定してきた。 しかし実際の経済現場では違っている。『神の手』による修正ではな...
2013/12/20(金) 11:13:18 | 逝きし世の面影






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。