激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 山本太郎議員に脅迫相次ぐ
2013年11月21日 (木) | 編集 |

秋の園遊会で天皇に手紙を渡した山本太郎参院議員に対する脅迫が続いている。
13日には山本議員宛に折りたたみ式のナイフが入った封筒が届き、封筒の裏面には
殺害予告の文章も書かれていた。
この事件について、愛人問題を週刊誌にすっぱ抜かれた鴻池元防災相は麻生派の会合
で「切腹用の刀が送られたそうだ」と発言して、物議を醸した。
それ以前にも鴻池のおっさんは、「(山本太郎に)天誅を加えなきゃいかん」などと言って
いたそうだ。いったいいつの時代の話だよ<`~´>


そして本日21日にも、金属性のリード線みたいなものが入った封筒が届き、裏には
ほんとに「天誅」と書かれていたんだとか。


さて山本太郎といえば、私の中では陽気でおっちょこちょいな新選組の原田佐之助と
イコールで(^^;; 天皇に手紙を渡すなどいかにも左之助らしくていいなあ、などと思った
ものだ。下の写真は、NHK大河ドラマ『新選組!』での山本太郎。 






原田左之助は伊予松山出身で、種田宝蔵院槍術の使い手。美男で頭の回転が早く、
目上の者に逆らっては制裁を加えられていたという。
その腹には真一文字に切腹した傷が残っていて、酔うと着物の前を広げて傷跡を
見せびらかしていたそうだ。
その後脱藩して江戸の試衛館の食客となり、近藤勇らと共に京へ上った。
鳥羽伏見の戦い後に近藤と決別した左之助は、上野の彰義隊に加わり戦死(享年29歳)。
しかしその勇猛果敢な性格から、生き延びて満州の馬賊の頭になったという伝説もある。


だからそんな山本・左之助に「切腹用の刀」というのも、逆に可笑しい。
「ねえねえ、すごいっしょ、この傷跡」と鴻池のおっさんらに見せびらかしてほしい。
それに「天誅」って(^_^;) 天誅を口実に京都でテロを働いている連中を取り締まってたのが
新選組だったんだから、早く左之助に捕まっちゃいなさい。
ちなみに幕末の豪商・鴻池は新選組に経済的援助を惜しまなかったんだが。

そんなこんなで、マルクスは「歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として」
と言ったが、まさにこの事件も、同じく二度目の喜劇として繰り返されたのであった。
な~んてね(^^ゞ



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ロシアの声(The Voice of Russia)によると
『山本議員 弾丸入りの封筒受け取る』とのタイトルの11月22日記事では、
『東京の郵便局員は弾丸と脅迫文の入った封筒を発見した。これは山本太郎参議院議員宛だった。共同通信が警察情報筋として伝えた。脅迫文では、「近いうちに」殺害する、と書かれていた。』
と報じています。
我が日本国ですが、何時の間にか、誰も気が付かないうちに、日本国内のニュースが外国経由でないと駄目な国になって仕舞っています。
特定秘密保護法が成立前ですが、実質的に『自主規制』と言う名前の特定機密保護法案が日本には存在していているのですよ。たぶん。
2013/11/23(土) 09:21:05 | URL | 宗純 #bYNys3XA[ 編集]
山本太郎は日本猫です
2013/11/27(水) 00:36:41 | URL | あ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『山本議員 弾丸入りの封筒受け取る』 『東京の郵便局員は弾丸と脅迫文の入った封筒を発見した。これは山本太郎参議院議員宛だった。共同通信が警察情報筋として伝えた。脅迫文では、「近いうちに」殺害する、と書かれていた。 先週、山本議員は同じような内容でナイ...
2013/11/24(日) 11:48:13 | 逝きし世の面影
『放射能は安全・安心、心配ない』 『傍若無人、「何もなかったことにする」心算の安部政権の無謀な試み』 時事通信によると、宮内庁は11月27日、東京電力福島第1原発事故の放射能汚染で全住民が疎開し作付けを中断していた福島県広野町で3年ぶりに収穫した米を...
2013/12/01(日) 10:07:31 | 逝きし世の面影
『すべては、いずれ終わる』 2年半前の3・11東日本大震災の発生は大きな歴史の節目だった。私たちの『今』を支えているものが、如何に不完全であり脆く、危険なものであるかが明らかになる。 今まで誰もが安全・安心、心配ないと思っていた日本社会(原子力発電所...
2013/12/03(火) 09:54:24 | 逝きし世の面影






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。