激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 フクイチ4号機プール核燃料、来月から取り出し作業へ
2013年10月30日 (水) | 編集 |

フクイチ4号機プールからの核燃料取り出しを、11月8日から始める
予定だという。これまで経験したことのない危険な作業に取りかかるわけで
本当に最後までやり遂げられるのか、途中で大きなトラブルに見舞われたら
どうなるのか…など、心配の種は尽きない。
汚染水処理の目処も立っていない上に、人員も足りず士気も低下している
現場で果たして大丈夫なのか。プール内にまだある瓦礫が心配だ。







  NHK 10月30日
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131030/t10015672091000.html

       4号機プール核燃料 来月8日にも取り出しへ

東京電力福島第一原子力発電所で廃炉作業の節目となる4号機のプールからの燃料の取り出しについて、原子力規制委員会は東京電力がまとめた安全に取り出すための計画を認めました。
原子力規制庁による設備の最終的な検査は今週にも終わる見通しで、東京電力は早ければ来月8日に燃料の取り出しを始める方針です。

東京電力は、福島第一原発で廃炉作業の重要な節目となる、4号機の使用済み燃料プールからの燃料の取り出しについて準備を進めていて、安全に取り出すための計画をまとめています。
計画では、事故時の水素爆発によってプール内に落下したがれきで燃料が損傷していないかを確認するとともに、燃料をつり上げる際にがれきに引っかからないよう慎重に作業を行うとしています。
規制委員会は30日の会合で、東京電力の計画を認めましたが、委員からは「がれきによるトラブルがいちばんの懸念で、作業中に予想しないことも起こりうるので、原子力規制庁でも十分に監視を行ってほしい」といった指摘が出ました。
原子力規制庁によりますと、取り出しに使うクレーンなどの設備の最終的な検査は今週にも終わる見通しです。
これを受けて、東京電力は早ければ来月8日に燃料の取り出しを始め、来年いっぱいで4号機のプールからの燃料の取り出しを終える方針です。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『山本太郎が一世紀ぶりに放射能汚染の惨状を天皇に直訴』 福島第一原発メルトダウン事故で未曾有の放射能汚染が発生してから2年半後の日本。 今年(2013年)は奇しくも田中正造没後100年である。 当時の足尾銅山の鉱毒事件は近隣住民に多大な被害を与えていた...
2013/11/04(月) 09:52:46 | 逝きし世の面影






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。