激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 福島沖M7超地震と秘密保護法案の閣議決定
2013年10月26日 (土) | 編集 |

福島で久々に大きな地震があった。
夜中の12時過ぎに仕事を終え、ベッドの中で本を読んでいたら、嫌な振動を感じて
思わず起き上がった。近くで寝ていた猫たちもむっくり頭を上げて不安そうな素振りを
見せたので、やっぱり地震だと確信した。
NHKをつけると、ほどなく津波注意報が出た。画面に、ひらがなで「にげて」の表示。
最初は岩手県に注意報が発令されたが、Mが7.1と少し大きく修正されると、房総の
九十九里まで拡大された。
幸い予報の1メートルの津波より規模が小さかったので大きな災害には繋がらなかったが、
台風27号の影響による雨風が強まる中での地震で、どうなることかとハラハラした。



    時事通信 10月26日
      http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013102600027

       東北に津波、最大40センチ=福島沖でM7超地震、
                 震度4-原発異常なし


 26日午前2時10分ごろ、福島県の沖合を震源とする地震があり、東北と関東で最大震度4の揺れを観測した。気象庁は同14分に福島県に津波注意報を出し、同50分に岩手、宮城、茨城各県と千葉県九十九里・外房に拡大。午前3時23分に岩手県久慈市、同38分に福島県相馬市でそれぞれ最大40センチの津波を観測した。
 津波注意報は午前4時5分に解除された。気象庁によると、この地震は東日本大震災の巨大地震の余震。震源は牡鹿半島の東南東約290キロの深さ約10キロで、規模(マグニチュード=M)は7.1。
 気象庁の土井恵治地震予知情報課長は記者会見し、「若干の海面変動が半日程度継続すると考えられ、海岸での作業は十分注意してほしい。今後もM7ぐらいの余震がまれに発生することがある」と述べた。
 東京電力によると、福島第1、第2原発の放射能を測定するモニタリングポストの値に異常はない。福島第1原発で夜間作業をしていた作業員は、免震重要棟などのある高台に一時避難した。東北電力によると、管内の原発に異常はない。午前3時すぎ、女川原発の潮位計が最大55センチを観測した。
 岩手県大船渡市では午前2時54分に第1波を観測し、最大20センチだった。宮城県石巻市は同30センチ。大船渡市などは沿岸部に一時避難勧告を出した。総務省消防庁によると、地震や津波による被害の報告はない。





台風で原発の汚染水漏れ(台風を利用してこれ幸いと海に垂れ流しているとしか
思えない(ーー;))、大雨で土砂崩れ、地震で津波…と日常的に災害列島と化している
この列島で、さらに原発を新設しようとたくらんでいる自民党って、どれだけ腐ってるのか。
その上米国に命じられるままに、消費税増税、TPP参加、憲法改正、日本版NSC創設、
秘密保護法案…と矢継ぎ早に繰り出して、国の形自体を大きく変えようと狙っている。

そして最も懸念される暗黒法案である秘密保護法案が、昨日25日閣議決定され、衆院に
提出された。私も送ったパブコメでは8割の国民が反対していたのに、それを無視する
暴挙である。
以下は、本日の東京新聞朝刊の紙面。
この法案については、また日を改めて書いてみたい。


















スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『42年続いた「水戸黄門」としての半沢直樹』 『やられたらやり返す。倍返しだ』の決め台詞が大フィーバーしたドラマ半沢直樹ですが、内容的には実にシンプルで分かりやすい。 勧善懲悪の見本のような水戸黄門と、ストーリーの土台部分がそっくりなのです。 ちなみに...
2013/10/28(月) 09:31:17 | 逝きし世の面影