激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「核のゴミ」の汚染期間を短縮する技術に乗り出す
2013年10月23日 (水) | 編集 |

台風がやって来るたびに溢れ、海へ流れていく福島原発の汚染水。
その一方で、安倍政権と経済界は性懲りもなく原発再稼働の機会をうかがっている。
しかし原発から出る放射性廃棄物の貯蔵場所は一向に決まらない。
そこで放射性物質の危険度を100分の1に短縮する技術開発に乗り出すというのだが…。







   NHK 10月23日
     http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131023/k10015488801000.html

        核ゴミ「影響を数万年から数百年に」

原子力発電所を運転すると発生する高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のゴミ」の捨て場が決まっていない問題で、文部科学省は、放射性物質による環境への影響を現状の数万年から数百年に縮める新たな技術の開発に、本格的に乗り出すことになりました。

高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のゴミ」は、原発を巡る最大の課題とも言われ、放射性物質による環境への影響が数万年以上続くことなどから、安全性への懸念が根強く、国は地下深くに埋める計画ですが、捨てる場所は全く決まっていません。
文部科学省は専門家の会合で、環境への影響を数万年から100分の1程度の数百年に縮める新たな技術の開発に本格的に乗り出す方針を示し、大筋で了承されました。具体的には、使用済み核燃料から寿命の長い放射性物質を取り出し「加速器」という装置で発生させた「中性子」を当てて、寿命の短い物質に変える計画で、実現すれば埋める場所も100分の1程度に小さくできるということです。しかし、寿命の長い物質を取り出す方法や安全性の確保など課題も多く、実現までに少なくとも数十年はかかるとみられています。
専門家からは「国際的に連携する必要がある」といった意見のほか、「実用化は慎重に判断すべきだ」といった意見も出ました。
日本原子力研究開発機構の大井川宏之室長は「国際的な協力も得られれば、20年か30年くらいで実用化が見えるのではないか」と話しています。




なんか怪しい技術開発だなσ(-ω-*) 本当にできるのだろうか?
たとえオンカロで保管しても無害になるまで10万年という途方もない時間がかかるし、
もし影響力を縮める技術が確立されたとしても、それでも1000年。
平安時代から現代までってスパンでは、未来人が保管場所を探し当てるにも、
大掛かりな発掘作業みたいになってしまう。
そんなことより、まずは当面の原発事故の収束と、大気や大地や海にばらまかれた
放射性物質の有効な回収法と少しでも無害に近づける技術を確立してほしい。
微生物とかを活用して。



さて10万年という時間だが、今から10万年前に生存していた人類はといえば、
な、なんとネアンデルタール人(゚д゚)! 農耕などが始まったのがやっと1万年前だし
いったいこの先人類はどのくらいの年月、この地球に生存できるのだろうか。
さらに進化しながら10万年くらいは生き続けるのだろうか?
いやいや、数千年後に訪れる氷河期すら乗り越えられない可能性も高いのだ。









ダンナが買ってくれたアンモナイトの化石(^_^;)
けっこう重たい。
中学の3年間生物部に所属して、主に生物の進化を学んでいた。
右の本は、『フューチャー・イズ・ワイルド』。
500万年~2億年後の地球生命について書かれている。
左は『アフターマン』。遠い未来の空想の動物たちは
進化の基本原理を元に描かれていて、とても科学的だ。
しかしながら人類がさまざまな汚染物質を撒き散らした結果、
未来の動物たちの形態もかなり変貌していくのではないだろうか。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。