激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 国立競技場の建て替えで、撤去される学徒出陣の慰霊碑
2013年10月21日 (月) | 編集 |

安倍首相の率いる日本は戦争のできる国に向けて急ピッチで進んでいるが、
一方で本物の戦争の記憶はないがしろにされ、消されていこうとしている。







    NHK 10月21日
      http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131021/k10015435311000.html

         学徒出陣 慰霊碑撤去前の「最後の」追悼会

戦時中、今の東京の国立競技場で、学徒出陣の壮行会が行われてから21日で70年となり、90歳に達した元学徒らが、競技場にある慰霊碑の前で、追悼会を行いました。
慰霊碑は、7年後のオリンピックに向けた競技場の建て替えで、いったん撤去されることになり、この場所での追悼会は今回が最後かもしれないと話しています。

太平洋戦争中の昭和18年10月21日、明治神宮外苑競技場で学徒出陣の壮行会が行われ、多くの学生が、女子学生らに見送られて、学業の志半ばで戦地に赴きました。当時、壮行会が行われた東京・新宿区の国立競技場には慰霊碑が建立され、元学徒らが、毎年、追悼会を行っています。
70年となる21日も、元学徒や遺族などおよそ100人が出席し、全員で黙とうしました。
元学徒を代表して、大学3年の時に壮行会で行進し、フィリピンや台湾に派遣された寺尾哲男さん(90)が、「数年後、私たち元学徒はほとんど生きていないと思うが、この碑を残すことで、戦没した仲間を慰霊するわれわれの気持ちを伝えたい」とあいさつしました。
慰霊碑は学徒出陣から50年の節目に元学徒が呼びかけて建立されましたが、さらに20年がたち、元学徒は90歳に達していて、建立に関わった15人のうち、21日参加できたのは3人でした。
出陣した学生は、およそ5万人とも10万人ともいわれていますが、国に記録が残されておらず、今も全体像は分かっていません。
一方で、慰霊碑は、7年後のオリンピックに向けた競技場の建て替えで、来年夏には、いったん撤去されることになっています。
寺尾さんは、元学徒によるこの場所での追悼会は、今回が最後かもしれないとしたうえで、「2度と戦争があってはならないという意味を込めた慰霊碑なので、競技場が新しくなったあとも碑を残してもらいたい」と話していました。学徒出陣の慰霊碑について、東京の国立競技場を運営する独立行政法人、日本スポーツ振興センターは、「国立競技場の建て替えに伴う今の競技場の解体工事のため、来年の夏にはいったん碑を移動させなければならない。石碑そのものは残す方針だが、競技場の敷地内に戻せるかどうかは、新しい競技場の設計が決まるまで分からない。有識者を交えて議論し、対応を検討していきたい」と話しています。




私の父方の叔父たちも学徒出陣で出兵して満州や南方で戦死したと、母から
聞いたことがある。学生たちは恋人や許嫁に見送られ、あまりに悲壮だったそうだ。
その深い思い出の慰霊碑が、スポーツシューズのような奇妙な外観をした新しい競技場
のために撤去されるという。
普段から英霊だ、靖国神社参拝だと言っている連中が、短期間のオリンピックのために
国のために戦って亡くなった若者たちの慰霊碑を平気で撤去するというのだ。
あまりにも矛盾した行為ではないだろうか。

しかも出陣した学生たちの記録も残っていないとは(゚д゚)!
これが戦争における国家の仕打ちなのだ。
オリンピックが終わったあと、再び新しい国立競技場で、戦場に送られる若者たちの壮行会
が開かれるだろう。そして死者たちは記録にも残らず、再び闇の中へ葬られるのだ。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『チェルノブイリ原発事故の避難基準は年間1ミリシーベルト』 2011年3月11日以前に環境省が決めた、年間被曝線量の最大限界の数値は1msv以下である。 日本政府の被曝基準の根拠は、チェルノブイリ原発事故の発生で人権侵害や住民保護で数々の問題点があった旧...
2013/10/23(水) 09:12:59 | 逝きし世の面影