激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 まもなく寒い季節が到来するのか?
2013年10月12日 (土) | 編集 |

10月に入っても真夏日が続くといった、長くて暑い夏がこの数年来繰り返している。
地震に加え、竜巻だの大型台風だのの自然災害も多発して、いよいよ「終末」的な
様相を呈してきたなと、気の滅入る日々ばかりだ。
しかしながら欧米では日本と逆に気温が低下して、すでに吹雪いている地方もあるという。
地球的に見ればプラスマイナス・ゼロで、いやむしろ温暖化の速度は落ちているらしい。

地球が温暖化傾向にあることは誰も否定しない事実だが、その主な原因が人為的なCO2の
増加であって、温度上昇はこれからもずっと続いていくといった、誤った意図的な地球温暖化説
を、私はずっと批判してきた。
現在は氷河期と氷河期の間の、比較的温暖な気候が続く第4間氷期であり、その中においても
温暖化と寒冷化が交互にやってくる。世界史を読めばわかるように、寒冷化の時期は食料不足
による飢餓や戦争、死に至る病の流行期でもあり、今の温暖化よりさらに厳しい時代になるかも
しれない。






Photo: RIA Novosti



   The Voice of Russia 9月11日
     http://japanese.ruvr.ru/2013_09_11/121174595/

         地球に中世の寒冷期が戻る

近いうちにも地球寒冷化が始まり、それは21世紀半ばまで続く。英テレグラフ紙と米デイリー・メール紙が伝えた。すでに今夏、北極を覆う氷は、昨年より60パーセント増加したという。

ロシアは寒い国だ。スキー、スケート、冬の釣りなど、ロシアの人々は、極寒の中で過ごすことに慣れている。だが、欧州の中央部ならびに南部では、雪に覆われたロシアよりも寒い時期があった。たとえば1323年11月3日、ヴェネツィアの潟が凍結し、その年の冬は船ではなく荷馬車が使用されたほか、ライン川下流はその昔、1年のうち4ヶ月は凍結していた。ロシア・グリンピースのエネルギー・プログラムの責任者ウラジーミル・チュプロフ氏は、気候変動には周期があると指摘し、次のように語っている。

「最近10年間は、地球温暖化の速さが低下した。気温は上昇したが、進行速度は低下した。学者たちは国連の後援のもと、9月に発表される気候に関する報告書を作成しており、地球温暖化の進行速度低下について説明している。自然周期による寒冷化が起こっている。これは約50年と非常に短く、大規模な変動は起こらないだろう。」

地球上では、大きな氷河期が4回あった。学者たちによると、現在の間氷期は、およそ1万2000年前に始まった。現在の気温は快適で、人類は今、非常に好適な状況にあるという。世界自然保護基金(WWF)ロシアのアレクセイ・ココリン気候問題担当は、現在の状況について、これは「中休み」であり、いずれ終わりを向かえ、新たな氷河期が始まるとの考えを表し、次のように語っている。

「氷河期は訪れるだろう。だがそれは、早くとも1万年から1万5000年後のことだ。今後10年間で地球が冷え込む可能性はあるが、地球温暖化を否定することにはならない。調査により、海水温は上昇していることが明らかとなっている。問題は、大気の平均的な温度ではなく、全気候システムの温度だ。大気の温度はそのうちの7パーセントにすぎない。気温だけで全てを決定してはならない。海洋は、地球温暖化が続いていることを明確に示している。」 

地球温暖化を背景に、短期間の寒冷化が起こることになる。ココリン氏は、北極を覆う氷の増加について、次のように語っている。

「昨年2012年の氷の量は記録的に少なかった。今年の氷の量がかなり多くなるのは明らかだ。北極の氷は毎年溶解するわけではない。氷の変化は数年間の周期を持っている。現在の氷の量は、2009年と同量だ。だが、1980年代よりは少ない。」

北極の氷の変化に関する周期は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書でも確認されている。しかし、氷が増えることによるメリットもある。氷上で調査を実施しているロシアの漂流ステーション「北極(セーヴェルヌイ・ポリュス)40」は昨年、やっとのことでステーションを設置できる氷を見つけた。そして8ヵ月後には氷が崩れ始めたため、予定よりも早く調査を終了した。だが今年は、もっと頑丈な氷を見つけることができるかもしれない。これは非常に重要だ。なぜなら漂流ステーションでは、地球の気候変動に関する情報の収集や研究が行われているからだ。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。