激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 訪米中の安倍首相「私を右翼の軍国主義者と呼んでかまわない」
2013年09月28日 (土) | 編集 |

最近の安倍ぴょんの、「じぇじぇじぇ!発言」第2弾がこれ。






  NHK 9月26日 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130926/t10014810571000.html

        首相 「積極的平和主義」で世界に貢献

 アメリカを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の26日未明、保守系のシンクタンク「ハドソン研究所」が開いた会合で英語で演説し、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しに理解を求めたうえで「積極的平和主義」の立場からアメリカと連携して世界の平和と安定に貢献していく決意を示しました。

 この中で安倍総理大臣は歴代の政府が憲法解釈上認められないとしてきた集団的自衛権について▽国連のPKO=平和維持活動でともに活動している別の国の軍隊が攻撃された場合や▽公海上でアメリカの艦船が攻撃された場合、自衛隊が防護できないことを例に挙げ、憲法解釈の見直しに向けた取り組みに理解を求めました。
そのうえで安倍総理大臣は「日本はアメリカが主たる役割を務める安全保障の枠組みにおいて鎖の強さを決定づけてしまう弱い環であってはならない。積極的平和主義のための旗の誇らしい担い手になる」と述べ、「積極的平和主義」の立場からアメリカと連携して世界の平和と安定に貢献していく決意を示しました。
また安倍総理大臣は「日本のすぐそばに軍事支出が少なくとも日本の2倍で毎年10%以上の伸びを20年以上続けている国がある。日本は11年ぶりに防衛費を増額したが、たった0.8%に過ぎない。私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、そう呼んでいただきたいものだ」と述べ、軍事費を増大させている中国を引き合いに日本が右傾化しているという見方は当たらないという考えを強調しました。



本来なら正規に会見しなければならないオバマ大統領には冷たくあしらわれ、
こんなジャパンハンドラーの巣窟でペラペラ喋りまくったところでどうにもならないのに。
おまけに中国に向けて、「私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、そう呼んで
いただきたいものだ」と自ら挑発してどーする。一国の宰相としての自覚すらない。
日本の軍事費だって、たしか世界第4位くらいのはずだ。
GDPが増えれば、その分軍事費も比例して伸びるわけで、こうした基本的な数字の
意味を踏まえずに感情論で突っ張っしってしまう点が恐ろしい。
それに当の米国は、東アジアの均衡を破りかねない安倍氏の嫌中・嫌韓感情や
集団的自衛権について懸念を抱いていることを忘れてはいけない。
米国にとって最も大切な国は、今では中国なのだから。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック