激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ザ・タイガースのオリジナルメンバーがついに結集
2013年09月30日 (月) | 編集 |

久々にジュリーの記事があったので…(#^.^#)
ネックはトッポ(加橋かつみ)が折れて参加するかどうかだったが
これでオリジナルメンバーが本当に結集するというわけで、めでたいo(^▽^)o
それにしてもザ・タイガース人気が未だに衰えないというのはスゴイ。



   日刊ゲンダイ 9月30日
     http://gendai.net/articles/view/geino/144873

    “前期高齢者”になったザ・タイガース 44年ぶり復活と「和解」

     オリジナルメンバーが結集    <キーマンは瞳みのる>
  
 コンサート会場は年を忘れた中高年の黄色い声援が飛び交いそうだ。

 ザ・タイガースが44年ぶりに復活。12月3日の日本武道館を皮切りに、17日は京セラドーム大阪、27日は東京ドームと全8公演。9月28日からチケットの一般発売が始まったが、ドーム公演はすでに売り切れという、凄まじい人気ぶりだ。

「わたしたちGS世代にとってタイガースは象徴的な存在。待ちに待ってました。プラチナチケットになるのも仕方がありません。何といっても今回はオリジナルメンバーが結集。加橋かつみと瞳みのるが参加しているのがうれしい限りです」と、興奮気味に語るのは芸能リポーターの川内天子氏だ。

 1967年に結成されたザ・タイガースは、ボーカルの沢田研二(65)、ベースの岸部一徳(66)、ギターの森本太郎(66)、ドラムの瞳みのる(67)、ギター&ボーカルの加橋かつみ(65)の5人が初期メンバーだった。しかし、69年に加橋が脱退。代わりに岸部四郎が加入し、71年1月に解散。その後、オリジナルメンバーが集うことはなかった。

「キーマンは瞳みのるでした」というのはベテランの女性誌記者だ。
「解散後は芸能界から足を洗い、慶大に進学して慶応義塾高校の漢文の教師になった瞳は、ずっとメンバーと没交渉でした。ソロに転向した沢田との不仲説が取り沙汰されていましたが、08年に沢田が瞳に向けて『Long Good―by』という曲を発表。その後、長年のわだかまりが氷解し、一昨年の沢田のライブツアーに瞳が解散以来、初めて参加。そして今回の44年ぶりの再結成につながったのです」

 1960年代後半にグループサウンズに熱狂した世代は今、還暦前後の“アラ還”。ジュリーはステージで「65歳、前期高齢者です」と自身の年齢をネタにしているが、「ぜひ、この勢いのままNHK紅白に出てほしい」(前出の川内氏)という声が高まるのも当然だろう。

 海外では元ビートルズのポール・マッカートニー(71)もワールドツアーで11月に来日するなど意気軒高。まだ60代のザ・タイガース、お楽しみはこれからだ。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。