激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 汚染水対策に国費470億円投入というが…
2013年09月03日 (火) | 編集 |

原発の汚染水問題が海外でも大きく取り上げられ、これがオリンピック招致に
大きなマイナスになるのではないかと懸念した安倍首相は、「政府が前面に立ち
解決に当たる」とし、国費470億円を投入する方針を明らかにした。
しかしながら、何をいまさらという憤慨の声も少なくない。
投入金額だって、あまりに少なすぎる。他国には巨費を貢ぐくせに<`~´>
第一、政府が前面に立つといっても、未だに有効な対策もロードマップもないままで、
結局現場で処理をするのは東電であって、国費を丸投げする結果に終わってしまう。
本気で事故を収束させるためには東電をいったん破綻させ、世界中から英知と技術を
結集させるしかない。果たして今の政権にそれができるかは、はなはだ疑問であるが。




   東京新聞 9月3日
     http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013090302000237.html

     汚染水対策 470億円 国費投入、政府基本方針

 政府は三日午前、原子力災害対策本部(本部長・安倍晋三首相)を官邸で開き、東京電力福島第一原発の汚染水問題について、対策の基本方針を決めた。国費四百七十億円を投入するとともに、国の関与を強化する。

 首相はあいさつで「汚染水問題は東電任せでなく、政府が前面に立って解決に当たる。従来のような場当たり的な事後対応ではなく、問題の根本的な解決に向け基本方針をまとめた」と述べた。

 基本方針は、原子炉建屋への地下水流入を防ぐために建屋周辺の土を凍らせる凍土遮水壁の設置や、より高機能な汚染水の放射性物質除去装置の増設などが柱。二〇一三年度予算の予備費二百十億円を活用する。

 官邸に汚染水対策の関係閣僚会議を設置。関係省庁から人員を集め、政府内や現地との連携を強化する。福島第一原発の近くに現地事務所も設置する。汚染水をためているタンクからの漏水対策として、見回りの作業員も倍増する。

 国費を投じる約四百七十億円の内訳は、凍土壁設置が三百二十億円、浄化装置の高性能化が百五十億円。





そして手抜きタンクの実態が、関係者の口から明らかになった。
日本の技術力とかモラルは、いったいどこに消えたのだろうか。



   毎日新聞 8月25日
     http://mainichi.jp/select/news/20130825k0000m040091000c.html

      汚染水漏れ:「タンク、金かけず作った」協力会社会長証言

 地盤沈下が原因で移設されていたことが明らかになった東京電力福島第1原発の汚染水タンク。高濃度の放射性物質を含んだ汚染水約300トンの漏出は、この移設が原因なのか??。廃炉作業に参加している東電協力会社(福島県いわき市)の会長(72)は毎日新聞の取材に「タンクは工期が短く、金もなるべくかけずに作った。長期間耐えられる構造ではない」と証言した。

 同社は事故前から原発プラントの設計・保守などを東電から請け負い、同原発事故の復旧作業では汚染水を浄化して放射性物質を取り除く業務に携わっている。このため汚染水を貯留しているタンクを設置したゼネコンともやり取りがあり、内部事情に詳しい。

 会長が東電幹部やゼネコン関係者から聞いた話では、今回水漏れを起こしたタンクは、設置工事の期間が短かった上、東電の財務事情から安上がりにすることが求められていた。タンクは組み立て式で、猛暑によってボルトや水漏れを防ぐパッキンの劣化が、通常より早まる可能性も指摘されていたという。

 会長は「野ざらしで太陽光線が当たり、中の汚染水の温度は気温より高いはず。構造を考えれば水漏れは驚くことではなく、現場の感覚では織り込み済みの事態だ。現場の東電の技術スタッフも心配はしていた」と明かす。

 現在、タンク内にあるのは原子炉を冷却した汚染水から放射性セシウムを除去した汚染水。今回のような事態が続くと住民感情が悪化しかねない。会長は「そうなれば廃炉作業への影響も出る。政府が前面に出た上で、早く敷地内への地下水の流入を防ぐ抜本的対策を講じるべきだ」と強調した。【袴田貴行】





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
直近ブログ記事の続編です
続編の記事ですが、TBが上手くゆかないので、下に書かせていただきます。

[暴政]続、エーお煎にキャラメル~!/浪漫派風の放射能汚染ピック東京「イロニー(幻影)劇場」で安倍が取り戻しを謀る軍国ファシズム http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20130924
2013/09/24(火) 04:26:55 | URL | toxandoria #Pmk7tf7w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(1年前の2012年09月07日『悲劇の絶滅動物』に掲載した、最後の一頭だったタスマニアタイガーのベンジャミンの映像 メスなのにベンジャミンとういオス名前が付けられたぐらいにタスマ...
2013/09/09(月) 10:53:05 | 逝きし世の面影
(消費税2%増税の1997年をピークに、16年間も減り続けるデフレ経済下での日本国の国税収入の推移) 『スポーツとは無縁のオリンピック招致の舞台裏』 2020年五輪の開
2013/09/11(水) 10:28:12 | 逝きし世の面影
『原発の資材置き場のJヴィレッジでキャンプ。 20年五輪で田嶋副会長』 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三副会長は12日、2020年東京五輪開催決定を受け、東日本大震
2013/09/14(土) 11:14:49 | 逝きし世の面影
『名札の漢字も間違えられ…(東京電力提供)』との注釈付きの赤ヘルの安倍晋三総理の映像。 ガックリと肩を落として放射能汚染水が垂れ流される港湾を呆然と眺めている風にも見えるから不思議である。 山頭火の『うしろすがたのしぐれてゆくか』では無いが、アベノミク...
2013/09/22(日) 10:33:43 | 逝きし世の面影
[副題]続、そもそも“正統保守とは何か?”を日本国民が真剣に考えていないことが、ブラック擬装極右派の安倍らを此処までのさばらせた諸悪の根源ではないか? 3 日本浪漫派風の放射能汚染「東京五輪イロニー(幻影)劇場」/太平洋戦争を煽り現実逃避(イロニー)へ国民を
2013/09/23(月) 13:57:01 | toxandoriaの日記、アートと社会
[副題]続、そもそも“正統保守とは何か?”を日本国民が真剣に考えていないことが、ブラック擬装極右派の安倍らを此処までのさばらせた諸悪の根源ではないか? (続編プロローグ/前編より部分再掲) SPDとの大連立交渉の難航は予想されるものの“独の左右大連立”で「
2013/09/24(火) 04:21:43 | toxandoriaの日記、アートと社会
『ニュースの「大きさ」と「重要度」は反比例する』 マスコミですが、ニュースの大事さと大きさが『比例する』と勘違いしている善良な人が大勢いるのですが、実は反比例の関係なのです。 マスコミが全てを正しい価値観で報道しているなら、この『逝き世の面影』のよう...
2013/09/30(月) 12:00:13 | 逝きし世の面影






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。