激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 6日の広島原爆の日に、安倍首相が被爆地・広島市で原発政策の推進を表明
2013年08月07日 (水) | 編集 |

昨日6日は68回目の広島原爆の日。
テレビ画面で式典の様子が流れていたが、安倍首相の挨拶(官僚が書いたもの)には
何の感慨もわかなかった。その後のニュースでは首相が原爆症の未認定患者救済の
考えを表明したと強調していたが、福島原発の現状と原発再稼働、原発輸出の動きに
批判的な国民の多くは、もはや素直には受け取れない。
さらに驚くことに、首相は式典の後で被爆者代表7名と面談した際に、すべての原発を
停止してほしいとの要請に対して原発推進の考えを述べたというのだ。
アベノミクスでもわかるように、口先ではきれいごとや景気のよいことを言っても、結局は
大企業や金持ちの利益だけを考え弱者の痛みや窮状を理解できない政治家には、
国民国家の運命をこの先も委ねるわけにはいかない。

新聞の紙面とネットでの文章は異なっているが(紙面の「解説」の部分を掲載)、以下に
両方を併記して紹介したい。



 東京新聞 8月7日
   http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013080702000113.html

           首相 原発推進を強調  被爆地で不信増幅     

 安倍晋三首相が六日、被爆地・広島での被爆者との面談で、原発政策を推進する考えを表明した。世論の反対が強い原発再稼働や原発輸出だが、首相には前提条件である安全性を、日本の技術は満たすことができるとの過信がある。被爆地での表明は信頼を得るどころか、不信感を増幅させたといえる。 (城島建治、宮尾幹成)

 東京電力福島第一原発事故の教訓は、原発を完全にコントロールできないということ。事故が起きれば、放射能が拡散し、甚大な被害が出る。事故から二年半たった今も、十五万人が避難生活を余儀なくされている現実が物語っている。

 民主党政権の菅直人、野田佳彦の両首相(いずれも当時)は原発事故後、広島の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」で「脱原発依存」を目指す考えをそれぞれ表明した。福島の原発事故の反省があったからだ。

 だが、安倍首相はその広島で、原発を推進する姿勢を重ねて鮮明にした。被災地では除染も進んでいないのに、首相の言葉をうのみにする人はいないだろう。

 広島は、同じ核の後遺症に苦しみ続けている。安倍首相は式典で原爆症の未認定患者を早期に救済する考えを表明し、被爆者に寄り添う姿勢は示している。

 ただ、原発を再稼働することは、事故のリスクと表裏一体。首相は原発について「安全性を確保する」と強調しつつ、国会などでは「絶対安全はない」と認めるという自己矛盾から目を背けている。









09年の政権交代でようやく国民の側に立った鳩山政権が
誕生したのも束の間、米国の介入で鳩山・小沢両氏が失脚。
最悪の菅内閣が原発事故の対応を遅らせ、今に至る消費税増税、
TPPへの道筋をつけた。その後に首相になった野田はさらに最悪で
民主党そのものを崩壊させ、自民党の復活を招き入れた。
これ以上ひどい政治はないだろうと国民が選挙で大勝させた自民党は
なんと以前にも増して強権の牙を剥き、弱肉強食政策を爆進中だ。
そして安倍の次の政権は…? 考えるだけでも恐ろしい(ーー;)



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1905年5月の日本海海戦、そこで「世界最強」とも詠われたロシア帝国のバルティック艦隊(第二、第三太平洋艦隊)を文字通り「消滅」させる一方的大勝利を旧日本海軍はおさめた...
2013/08/10(土) 14:35:01 | ステイメンの雑記帖(暫定復活版)