激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 68回目の長崎原爆の日 「核と人類は共存できない」
2013年08月09日 (金) | 編集 |

猛暑が続く今日は、68回目の長崎原爆の日。
先日6日の広島原爆の日に、こともあろうか安倍首相は、被爆地・広島で原発推進の
考えを表明した。その反発もあってか、本日の平和祈念式典では長崎市長と被爆者代表
から、核兵器の非人道性に関する声明に賛同しなかった政府に対する強い批判の声が
あがった。ことに実際に原爆を体験した被曝者の言葉は重い。
3つの新聞記事を以下で紹介したい。



    共同通信 8月9日
     http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080901001156.html

       長崎原爆の日、市長が政府批判 被爆国の原点に返れ

 長崎は9日、被爆から68年の原爆の日を迎えた。長崎市松山町の平和公園で市主催の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が営まれ、田上富久市長は平和宣言で「日本政府に被爆国としての原点に返ることを求める」と述べ、核兵器廃絶に積極姿勢を示さない政府を批判した。被爆地・長崎の明確なメッセージは安倍政権下で活発化する改憲などの議論にも影響を与えそうだ。宣言は一方で、若い世代への体験継承を訴えた。

 田上市長は、4月の核拡散防止条約再検討会議の準備委員会で核兵器の非人道性に関する声明に政府が賛同しなかったことを「核兵器の使用を状況によっては認める姿勢で、原点に反する」と糾弾した。





    毎日新聞 8月9日
     http://mainichi.jp/select/news/20130809k0000e040195000c.html
         長崎原爆の日:被爆者、痛烈に批判

左:式典で平和への誓いを読み上げる被爆者代表の築城昭平さん=長崎市の平和公園で2013年8月9日午前11時20分、丸山博撮影

◇核兵器不使用の共同声明に賛同しなかった政府を

 9日、68回目の「原爆の日」を迎えた長崎は、原爆犠牲者への鎮魂の祈りに包まれ、一瞬にしてすべてを奪った原爆への怒りを新たにした。「私たち長崎の被爆者は驚くというより、憤りを禁ずることができません」。平和祈念式典で被爆者代表として「平和への誓い」を読み上げた築城(ついき)昭平さん(86)=長崎市ダイヤランド2。核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委で、非人道性の面から核兵器の不使用を訴える共同声明に賛同しなかった日本政府を痛烈に批判した。

 68年前、長崎師範学校2年の18歳だった。動員学徒として長崎市内の三菱兵器住吉トンネル工場での夜勤を終え、爆心から約1・8キロの寮で就寝中に爆風に吹き飛ばされた。厚手の布団を頭からかぶって寝ていたため左手足のやけどですんだが、体中から血が流れ、赤鬼のような姿で近くの防空壕(ごう)まで逃げた。

 戦後、中学校教師として平和教育に尽力した。「幸いにして生き延びた」と言い、米国などで核実験が繰り返されるたびに座り込みに参加。「長崎を最後の被爆地に」と訴え続けた。それだけに「唯一の戦争被爆国として核兵器廃絶の先頭に立つ義務がある」はずの政府が共同声明に賛同しなかったことに憤りを隠さない。

 安倍晋三首相らを前に訴えた「平和への誓い」。築城さんは「ヒロシマ・ナガサキ、そしてフクシマの教訓として、『核と人類は共存できない』ことは明らかです」と主張した。さらに被爆者、戦争体験世代に向かって「今、平和憲法が変えられようとしています。再び戦争の時代へ逆戻りしないよう、あなたの体験をまわりの人たちに伝えてください」と呼びかけた。戦争を知らない世代に継承しなければいけないとの思いを込めて。【梅田啓祐】




    朝日新聞 8月9日
     http://www.asahi.com/national/update/0809/SEB201308090009.html

        長崎市長平和宣言〈全文〉 長崎原爆の日

 68年前の今日、このまちの上空にアメリカの爆撃機が一発の原子爆弾を投下しました。熱線、爆風、放射線の威力は凄(すさ)まじく、直後から起こった火災は一昼夜続きました。人々が暮らしていたまちは一瞬で廃虚となり、24万人の市民のうち15万人が傷つき、そのうち7万4千人の方々が命を奪われました。生き残った被爆者は、68年たった今もなお、放射線による白血病やがん発病への不安、そして深い心の傷を抱え続けています。

 このむごい兵器をつくったのは人間です。広島と長崎で、二度までも使ったのも人間です。核実験を繰り返し地球を汚染し続けているのも人間です。人間はこれまで数々の過ちを犯してきました。だからこそ忘れてはならない過去の誓いを、立ち返るべき原点を、折にふれ確かめなければなりません。

 日本政府に、被爆国としての原点に返ることを求めます。

 今年4月、ジュネーブで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会議準備委員会で提出された核兵器の非人道性を訴える共同声明に、80カ国が賛同しました。南アフリカなどの提案国は、わが国にも賛同の署名を求めました。

 しかし、日本政府は署名せず、世界の期待を裏切りました。人類はいかなる状況においても核兵器を使うべきではない、という文言が受け入れられないとすれば、核兵器の使用を状況によっては認めるという姿勢を日本政府は示したことになります。これは二度と、世界の誰にも被爆の経験をさせないという、被爆国としての原点に反します。

 インドとの原子力協定交渉の再開についても同じです。

 NPTに加盟せず核保有したインドへの原子力協力は、核兵器保有国をこれ以上増やさないためのルールを定めたNPTを形骸化することになります。NPTを脱退して核保有をめざす北朝鮮などの動きを正当化する口実を与え、朝鮮半島の非核化の妨げにもなります。

 日本政府には、被爆国としての原点に返ることを求めます。

 非核三原則の法制化への取り組み、北東アジア非核兵器地帯検討の呼びかけなど、被爆国としてのリーダーシップを具体的な行動に移すことを求めます。

 核兵器保有国には、NPTの中で核軍縮への誠実な努力義務が課されています。これは世界に対する約束です。

 2009年4月、アメリカのオバマ大統領はプラハで「核兵器のない世界」を目指す決意を示しました。今年6月にはベルリンで、「核兵器が存在する限り、私たちは真に安全ではない」と述べ、さらなる核軍縮に取り組むことを明らかにしました。被爆地はオバマ大統領の姿勢を支持します。

 しかし、世界には今も1万7千発以上の核弾頭が存在し、その90%以上がアメリカとロシアのものです。オバマ大統領、プーチン大統領、もっと早く、もっと大胆に核弾頭の削減に取り組んでください。「核兵器のない世界」を遠い夢とするのではなく、人間が早急に解決すべき課題として、核兵器の廃絶に取り組み、世界との約束を果たすべきです。

 核兵器のない世界の実現を、国のリーダーだけにまかせるのではなく、市民社会を構成する私たち一人ひとりにもできることがあります。

 「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起(おこ)ることのないやうにする」という日本国憲法前文には、平和を希求するという日本国民の固い決意がこめられています。かつて戦争が多くの人の命を奪い、心と体を深く傷つけた事実を、戦争がもたらした数々のむごい光景を、決して忘れない、決して繰り返さない、という平和希求の原点を忘れないためには、戦争体験、被爆体験を語り継ぐことが不可欠です。

 若い世代の皆さん、被爆者の声を聞いたことがありますか。「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・ウオー、ノーモア・ヒバクシャ」と叫ぶ声を。

 あなた方は被爆者の声を直接聞くことができる最後の世代です。68年前、原子雲の下で何があったのか。なぜ被爆者は未来のために身を削りながら核兵器廃絶を訴え続けるのか。被爆者の声に耳を傾けてみてください。そして、あなたが住む世界、あなたの子どもたちが生きる未来に核兵器が存在していいのか。考えてみてください。互いに話し合ってみてください。あなたたちこそが未来なのです。

 地域の市民としてできることもあります。わが国では自治体の90%近くが非核宣言をしています。非核宣言は、核兵器の犠牲者になることを拒み、平和を求める市民の決意を示すものです。宣言をした自治体でつくる日本非核宣言自治体協議会は今月、設立30周年を迎えました。皆さんが宣言を行動に移そうとするときは、協議会も、被爆地も、仲間として力をお貸しします。

 長崎では、今年11月、「第5回核兵器廃絶―地球市民集会ナガサキ」を開催します。市民の力で、核兵器廃絶を被爆地から世界へ発信します。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、未(いま)だ収束せず、放射能の被害は拡大しています。多くの方々が平穏な日々を突然奪われたうえ、将来の見通しが立たない暮らしを強いられています。長崎は、福島の一日も早い復興を願い、応援していきます。

 先月、核兵器廃絶を訴え、被爆者援護の充実に力を尽くしてきた山口仙二さんが亡くなられました。被爆者はいよいよ少なくなり、平均年齢は78歳を超えました。高齢化する被爆者の援護の充実をあらためて求めます。

 原子爆弾により亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げ、広島市と協力して核兵器のない世界の実現に努力し続けることをここに宣言します。

 2013年(平成25年)8月9日    長崎市長 田上富久





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『小学生でも間違わない計算を、あえて間違える日本政府』 経済産業省資源エネルギー庁は1〜4号機周辺に地下水は1日1000トン流れ込み、このうち400トンが破損した原子炉
2013/08/10(土) 09:20:01 | 逝きし世の面影
今や驕る平家も恐れおののくズミントーアベゲリゾー一家。 怖いものなし。 アメリカそのものが呆れて見向きもしなくなってしまった。 小日本と馬鹿にする小中国と子供のけんかに明け...
2013/08/10(土) 15:59:44 | f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜
今や驕る平家も恐れおののくズミントーアベゲリゾー一家。 怖いものなし。 アメリカそのものが呆れて見向きもしなくなってしまった。 小日本と馬鹿にする小中国と子供のけんかに明け...
2013/08/10(土) 15:59:50 | f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜
有名な「晴耕雨読」という「早雲」氏のブログを読んでいたら「辺見庸」氏のブログ記事が引用されていた。 引用の引用では、あまりに節操無く無礼で申し訳ないから、さっそく辺見氏
2013/08/13(火) 06:50:15 | f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜
お盆で猛暑なので街は死んでいるしブログを訪れる客も今週は極端に減った。それでも訪れる人がいる限りやはり応えていかねばならないだろう。政治も一時休戦状態であるが地方議員 ...
2013/08/13(火) 18:36:37 | 黄泉の国から
(外見が空母にしか見えない19500トン型護衛艦1番鑑(22DDH)「いずも」、自衛隊は既に16000トンの同型艦を二艘保有している。 写真は自衛隊の「いずも」ではなく瓜二つの、米海軍...
2013/08/14(水) 09:05:02 | 逝きし世の面影
東京大空襲資料センター前のひまわり 8月15日。 敗戦の日。 ある人が言うに 「戦争とはジジィが決めて、オヤジが命令し、若者が死ぬこと」 だそうだ。 第二次世界大戦において、日...
2013/08/15(木) 16:29:17 | f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜
終戦記念日が来るたびに思い出すのは無能軽薄な政治家の意識の低さ、無教養、想像力の欠如こそが「悪魔」の実態であるということである。その典型がS.トルーマンであると考える。 ...
2013/08/15(木) 22:46:16 | 黄泉の国から
? 航空自衛隊の峯岡レーダーから機影が消えた位置、 ? 19時20分米軍の輸送機C130のタカンによる位置、 ? 20時40分自衛隊の航空救難隊のヘリKV−107バートルによる位置、 ...
2013/08/19(月) 10:55:22 | 逝きし世の面影
『敗戦以来、68年間で一番の記録的猛暑の西日本』 大阪京都など西日本は最高気温が35度以上の猛暑日が連続15日以上続き、戦後(1945年)以降での連続記録を更新し続けて
2013/08/22(木) 15:05:37 | 逝きし世の面影
[副題]シリーズ、安倍自民党アナクロニズム観察用資料(2/n)「戦前の日本を取り戻す」に潜む三島由紀夫と橋川文三が共有するアキレス腱(追憶のカルトなる近世日本の伝統テロリ
2013/08/23(金) 05:10:48 | toxandoriaの日記、アートと社会
『カネボウ美白化粧品以外でも「白斑」が多発していた』 『「まだらに白く」他社製品も相談50件余』 カネボウ化粧品の利用者に、肌がまだらに白くなる症状が出る問題が明らかにな...
2013/08/25(日) 10:23:25 | 逝きし世の面影
『何故か子供の数が一人多い東北地方(福島県)の妖怪奇談』 摩訶不思議な「44人」。他紙と違う謎の朝日新聞の小児甲状腺ガンの合計数の謎。 8月20日に、福島県で大規模な健康...
2013/08/26(月) 11:05:17 | 逝きし世の面影
『1999年のユーゴ空爆や2003年のイラク侵攻』 古今東西の戦争を研究したプロイセンの戦略家クラウゼヴィッツが指摘したように、『戦争』は政治や経済と不可分で一心同体。
2013/08/31(土) 11:00:12 | 逝きし世の面影
・・・<注記>右上端の画像は、ブルターニュ地域圏の中心都市レンヌ市の紋章。 (プロローグ) 「天皇制の国家宗教(儀式体制)的意義の再認識」と「改憲(9条廃止)どころか廃憲
2013/09/02(月) 15:36:37 | toxandoriaの日記、アートと社会
・・・<注記>右上端の画像は、ブルターニュ地域圏の中心都市レンヌ市の紋章。 (プロローグ) 「天皇制の国家宗教(儀式体制)的意義の再認識」と「改憲(9条廃止)どころか廃憲
2013/09/02(月) 15:36:45 | toxandoriaの日記、アートと社会
・・・<注記>右上端の画像は、ブルターニュ地域圏の中心都市レンヌ市の紋章。 (プロローグ) 「天皇制の国家宗教(儀式体制)的意義の再認識」と「改憲(9条廃止)どころか廃憲
2013/09/02(月) 15:36:47 | toxandoriaの日記、アートと社会
ずっと書いてきたことですが、おさらいを… 「東京湾の汚染は福島沖を超えた」カレイドスコープ http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1296.html もう二年半が過ぎていますからこれ以上酷いこと
2013/09/05(木) 20:21:55 | f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜