激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ドラマ10 激流 ~私を憶えていますか?~
2013年06月06日 (木) | 編集 |

今月末に始まるドラマで、期待してるのがこれ↓
しばらく舞台に専念していた山本耕史が、ようやくテレビに戻ってきたってかんじ






〈NHKのHPより〉

6月25日(火)スタートのドラマ10「激流 ~私を憶えていますか?~」。
5人の同級生たちが、東京で「激流」に飲み込まれて翻弄されながらも、友情を糧にミステリーを解明し、難局を乗り越えていく!
ロストタウンと化した故郷の郷愁を誘う風景をアクセントに、柴田よしき版「セント・エルモス・ファイアー」とも言えるこのドラマは、同じように日々闘っている女性視聴者たちを、ミステリーの渦中へぐいぐい引き込みます。

   
      田中麗奈(三隅圭子 役)
      桐谷健太(東萩耕司 役)
      国仲涼子(御堂原貴子 役)
      ともさかりえ(秋芳美弥 役)
      山本耕史(鯖島 豊 役)




「セント・エルモス・ファイアー」というのは1985年のハリウッド映画で
エミリオ・エステベスやデミ・ムーア、アンドリュー・マッカーシーらが出演。
懐かしい名前だなあ(^^;; 同じ大学を卒業した7人の若者たちのその後の成長物語を
描いたもの。彼らの学生時代からのたまり場が「セント・エルモス・バー」。
このバーの名前と、嵐の海に巻き込まれた水夫たちを導くという「セント・エルモの火」
をかけたのがタイトルの由来だ。

時代は違うが、いつも仲良く一緒に集っていた私の学生時代のゼミ仲間やサークル仲間を
思い出してしまうな。これはぜひとも観なくっちゃ




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。