激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 東京新聞の3つのコラムより
2013年06月12日 (水) | 編集 |

新聞本来の批判精神を失わず、日々快進撃を続ける東京新聞。
コラムもまた主要記事に劣らず、エスプリが効いていて面白い。
その中から本日分に過去コラムも加えて、3件転載したい。
最初は気鋭の文芸評論家・斎藤美奈子氏の「本音のコラム」。






斎藤氏は安倍首相のこれまでの女性に関する政策矛盾をズバリ指摘し、
その目指すところはあくまでも「道具としての女性の活用」にすぎないと看破する。
実際に女性は「景気の調整弁」として、これまでずっと「活用」されてきたからね。
そして改めて笑っちゃうのは、日本の男女平等指数が低いのはすでに知れ渡っているが、
「その中でも自民党の男女平等政策は各党に比べて極端にレベルが低く、日本維新の
会と最下位を争っている。」って箇所だ。
どんだけ前近代政党なんだか、自民と維新って(@_@;)

次は、精神科医のなだ・いなだ氏が亡くなったことについて。



東京新聞 6月12日
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2013061202000161.html

        コラム・筆洗

「酒も飲めない医者に、酒飲みの気持ちが分かるか?」。下戸だったなだいなださんは、精神科医としてアルコール依存症の治療にかかわった時、患者からよく言われたそうだ▼当然、酒飲みの気持ちは分からない。その体験から、災害で被災した人のPTSD(心的外傷後ストレス障害)を専門家が治療したり、支えたりできるとは思わなかった▼遠くから来た専門家が、家族や友人を失った人たちにせめて言えることは、これから災害に遭う人のために役に立つかもしれないから勉強させてください、ということだと東日本大震災後の講演で語っていた。医師と作家の複眼思考で得られた視点だろう▼政治や社会への異議申し立てをユーモアを交えて分かりやすく伝えてきたなださんが亡くなった▼小泉政権下、インターネット上の仮想政党「老人党」を結成、世直しの声を上げたことは記憶に新しい。憲法や平和に関する発言には説得力があった。靖国問題で語っていた言葉が今も強く印象に残っている▼「神様は人間を超えたものとして信じられるから、意味があるのです。ところが、靖国では神様の資格を、国が決めるのです。国がつくった宗教です。それを、国が信仰の自由のもとにあるという宗教として承認する。これが常識となって矛盾を感じないでしょうか」。また一人、リベラルな言論人が世を去った。



以前取材で、鎌倉にあるなだ氏のご自宅にうかがった。
季節はちょうど今頃。通称あじさい寺のすぐそばの、坂を上ったところにあった。
赤いTシャツ姿を今でも記憶している。老人党を中心に政治の話題で盛り上がった。
なだ・いなだという不思議な名前はペンネームで、スペイン語で「何もなくて何もない」
(nada y nada)という意味なんだそうだ。
悲しいことに、強いもの・大きいものへなびこうとする風潮が当たり前になった昨今、
他人と違う意見を堂々と述べる気骨を持った人が少なくなった。
そんな風潮に抗うためにも、なだ氏の勇気と信念をぜひ見習っていきたいものだ。

最後はちょっと前の、NHK朝ドラをもとにしたコラムである。
軽いノリで始まり、おしまいはシニカルに問いかける。
そういえば海女仲間で、片桐はいりが演じる阿部ちゃんてのがいた。
こちらの阿部ちゃんは、あべちゃんではなく、あんべちゃんというんだけど。



東京新聞 5月8日
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2013050802000146.html

        あまちゃんとあべちゃん

 『K3NSP』をご存じでしょうか。岩手県三陸地方を舞台にしたNHKの朝ドラ「あまちゃん」に出てくる、町おこしを大まじめに考える会議『北三陸をなんとかすっぺ!』の略称であります(北三陸をK3と略すセンスに脱帽です)。

 観光協会やローカル鉄道会社、漁協や海女さんらが時に朝から晩までぶっ通しで侃々諤々(かんかんがくがく)の議論を重ねる。若者の意見にも進んで耳を傾ける。専門分野に詳しいオタクの声だって反映させる。町の将来を切実に考えているのである。

 それでは『K96NSK』は何? ヒントは永田町が舞台で、主人公は「あべちゃん」。野球好きで守備は右翼手、背番号「96」で、ひいきのチームはおそらくホークス(アンチ・ジャイアンツを公言している)。もう、おわかりですね。

 『憲法九六条を何としてもかえよう!』会。本当はK96でなくK9にしたかったが、一度失敗しているので、まずは突破口を開く狙い。あまちゃんは祖母を継いで海女を目指します。あべちゃんは祖父の思想を継いだようですが、何を目指しているのでしょう。

 平和で安全に暮らしてきた私たちの将来をどうしようというのか。過疎や格差や沖縄や日々の問題は多々あるにせよ、青い海があって緑の山々があって、何より尊い「戦争のない安心」がある。必要なのは国民が何を望んでいるか知ることだ。GTS、いや「議論を尽くすっぺ!」。 (久原穏)





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『2012年と2011年の合計特殊出生率の県別比較』 日本の合計特殊出生率は2005年に過去最低の1.26となってから一時上昇したあとは1.37〜1.39で横ばい状態だった。 (合計特殊出生率とは、一人
2013/06/15(土) 16:23:19 | 逝きし世の面影
『手品(詐欺)の種明かし』 どれ程大掛かりで奇想天外な手品でも巧妙で大胆な詐欺でも同じで、常に騙しのネタ(原理)は馬鹿馬鹿しい程簡単な構造になっている。 分かって終えば『そ
2013/06/17(月) 10:05:03 | 逝きし世の面影