激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ついに、うちの子になった猫のシマコ(=‘x‘=)
2013年05月31日 (金) | 編集 |

自ら玄関先に現れて、家の中に入れてほしいと訴えていた猫のシマコ。
昨日の朝エサでおびき寄せてケージに入れ、動物病院へ連れて行った。
病院でも受け入れできる指定曜日と時間があるので、必死の思いでシマコが
現れるのを待っていたが、あんがい簡単に捕まってくれたので安堵
避妊手術と血液検査をお願いした。
やはりシマコはまだ1歳に満たない幼猫で、しかしながら時折やってくるオス猫の
銀次(銀色をした縞模様で、飼い猫かもしれない)と初めて交尾した結果、妊娠初期の
状態だったそうだ。猫の場合、交尾の刺激で卵子が排出される構造になっている。


今朝病院へ引取りに行ったのだが、一番心配していた血液検査の結果が
猫白血病および猫免疫不全ともに陰性ということで、一番の障害がクリアでき心から
ホッとした。ラッキーの場合はなかなか捕獲できずに両方とも陽性で、現在隔離した
部屋で長期療養中である。
もしシマコも陽性だったら再び外に放して、玄関先で面倒をみるしかないなと考えていた。







ケージごと居間で静養中のシマコ。
奥がラッキーの病室。ラッキーとシマコは互いに鳴き合っている。
どちらかというとラッキーの方が興奮中(^^;;
他の猫たちは私の部屋に避難している。困ったもんだ。
外猫をいかに慣らすか、これからが大変だ。ふう















廊下のカーペットの上に、こんな美しい姿の蛾が止まっていた。
踏まれるといけないので、そっと外へ出した。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック