激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今だからこそ、もう一度知りたい「自由民権」
2013年05月04日 (土) | 編集 |

世の中が急激に右傾化してきな臭くなってきている昨今、憲法をはじめ
歴史や政治思想などもう一度ちゃんと勉強し直さなくちゃいかんな、などと
思いつつ、この大型連休のさなかは朝から夜中まで働き詰めで、なんとか
倒れずに日々をこなしていくことで精一杯。
昨日の晩なんか、疲労で足がふらついて、階段で足を滑らし転んでしまった(T_T)
そんなわけで、もっとちゃんと読まなくちゃと思っている本を数冊本棚から出して
読む代わりに床に並べてみた。てへへ(^_^)
色川大吉の本が多くなってしまった。
『自由民権の地下水』『民衆憲法の創造』『自由民権』
あとは網野善彦の『日本の歴史をよみなおす』
それと橋川文三の『ナショナリズム』などなど。







スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★五月三日。憲法記念日。憲法論議がさかんである。国のありかたについて国民が考えることは大いに結構なことである。いわゆる改憲派、護憲派の色分けでみると前者の方がやや優勢に...
2013/05/05(日) 11:27:34 | 木霊の宿る町






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。