激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 66回目の憲法記念日 自民党改憲草案とは?
2013年05月03日 (金) | 編集 |

66回目の憲法記念日。
しかしながら去年の衆院選で大勝した安倍自民党は、全国の裁判所から「違憲」と
断じられたにもかかわらず、数の多さを笠に着てやりたい放題だ。
消費税増税、TPP加入の次は、ついに禁断の憲法改正に手をつけ始めた。
その案といったら、憲法や民主主義とは何かを知らない連中が作ったとしか思えない
ような、とんでも改憲案である。
東京新聞にその草案と現行憲法の内容比較が載っていたので、以下にアップしておく。
9条はもちろんのこと、12条、21条がいかに改悪されて国民の自由を制限するもの
となっているか、私たち一人ひとりがしっかり監視して批判していかなければならない。









上の図だと読みにくいので、部分部分の拡大も載せておく。



   





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 現首相でありながら TPP参加によって国家主権や独自文化、国民生活の全てに至るまで多国籍企業に無償譲渡しようと企む国賊安倍壺三は、恥知らずにも自らを「保守」と僭称 し、
2013/05/05(日) 03:51:49 | ステイメンの雑記帖