激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 TPP参加で千葉の牛乳や滋賀の豚肉が「全滅」する
2013年04月14日 (日) | 編集 |
 
4月12日の東京新聞一面の、“千葉の牛乳「全滅」”という大きな活字が目を引いた。一瞬、原発事故による汚染がここまで拡大したかと早合点したが、TPPに参加した場合にこうむる影響を試算したものだった。
リード文には、「(政府が)試算した全道県がTPP参加で生産額は減少。19道県だけで1兆6千億円減少する計算になる。政府は全国の総額で3兆円減少するとの試算を発表しているが、他の28都道府県も試算すれば国の試算を大きく上回る可能性が高い。」とある。





政府の試算とは別に19道県が独自に試算したのがこれ。
上の記事の表を拡大したもの。
北海道の農林水産物の減少額が最も大きく、農業産出額の約47%に及ぶ。
牛乳・乳製品が「全滅」になるのは、茨城・栃木・千葉など11県。
豚肉が「全滅」するのは、滋賀や高知である。
今でさえ原発事故の影響で農産物に多大な被害が出ているというのに、さらにTPPで
徹底的に壊滅させて、いったい何のメリットがあるというのだろう。
安全で美味しい日本の食の代わりに、多国籍企業が作った農薬たっぷりの遺伝子組み換え
食品を食べろということなのだろうか。








スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック