激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 東京大空襲から68年目
2013年03月10日 (日) | 編集 |




明日は東日本大震災から2年目にあたるが、本日10日は東京大空襲から68年目になる。


   NHK 3月10日
     http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130310/k10013087901000.html

一晩でおよそ10万人が犠牲となった東京大空襲から68年になる10日、東京・墨田区では慰霊の法要が営まれ、多くの遺族が先祖の霊を弔いました。

昭和20年3月10日未明の東京大空襲では、アメリカ軍の爆撃機・B29によって東京の下町におよそ32万発の焼い弾が無差別に落とされ、およそ10万人が犠牲になりました。
空襲から68年となる10日、犠牲者を弔う墨田区の東京都慰霊堂には、遺族らおよそ300人が集まって慰霊の法要が営まれました。
法要では、秋篠宮ご夫妻や東京都の猪瀬知事、それに遺族らが焼香を行って犠牲になった人の霊を弔いました。
遺体の多くは身元が分からず、ほとんどの遺族は遺骨を引き取ることができませんでしたが、10日は遺骨をまとめて納めている納骨堂の扉も開かれ、遺族はじっと手を合わせていました。
空襲で一緒に逃げた母と弟、妹の3人を亡くした82歳の女性は、「街はものすごい火の海で、逃れようとした用水路では100人くらいが亡くなっていました。東日本大震災の被災地の様子は当時の光景と重なり、私にとって3月10日は何年たっても忘れられません」と話していました。
また、祖母を亡くした59歳の女性は、「空襲は直接知りませんが、当時の惨状を想像すると涙が出てきます。生きているものの務めとして、毎年欠かさずにお参りしています」と話していました。




当時、母は東京・九段下の近くにある女学校に通っていた。
下町に集中している親類は祖父母の家のある船橋に疎開していたが、大空襲の夜は
東京方面の空が真っ赤に燃えて見えたそうだ。
その後東京の様子を見に行った母の話によると、靖国神社周辺も焼けて、神社から
女学校の建物が直接見通せたので驚いたという。
私自身も、かつて墨田区の東京都慰霊堂のすぐそばに住んでいたので、3月10日や
9月1日の関東大震災の法要と大規模な夜店は今でも懐かしい思い出になっている。

で、この今年の東京大空襲のニュースの中でも、以下の北海道新聞のコラムが特に
印象に残ったので転載する。


   北海道新聞 3月10日
     http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/

    コラム・卓上四季

   空襲の記憶 

高熱で溶けてくっついた瓦と皿の塊が、悲劇を雄弁に物語る。1945年3月10日未明、東京の下町一帯はB29による無差別爆撃で火炎地獄と化した▼焼け焦げた子供の服、焼夷弾(しょういだん)の残骸―。東京大空襲・戦災資料センター(江東区)にはこうした「空襲の記憶」が数多く展示されている。炎の中を逃げまどった被災者の苦しさが伝わり、見学するうちに思わず息が詰まりそうになる▼その一角で、ドイツ・ドレスデン市の空襲を伝える街づくりがパネルで紹介されている。東京より約1カ月前、英空軍による空襲で壊滅した同市は、中心部の再開発にあたり空襲の痕跡をあえて残すようにした▼対象地区の中心に位置する聖母教会の復元には、当時の外壁が再利用された。塔屋の鐘は空襲に参加した英軍爆撃手の息子が鋳造した。建物は、敵国との和解を象徴する存在となっている▼同センターの主任研究員、山本唯人さん(40)は昨年2月、現地を訪れた。「戦争の加害責任と向き合い、和解に努めてきたドイツの歩みと、市民の意識の高さに衝撃を受けました」と語る▼実は都も、戦禍を後世に伝える平和祈念館の計画を持っていた。しかし財政難などを理由に凍結され、市民の募金でできたのが同センターだ。同じ敗戦国にしてこの落差。ちなみに平和祈念館を凍結した時の知事は、国会に戻り「暴走老人」を自称している。2013・3・10







スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『原子炉のベントは報じたが、何も報じなかった主蒸気逃がし安全弁(SRV)』 国会事故調査委員会の10人の委員の一人で福島第一原発4号機の圧力容器を設計した原発技術者の田中三
2013/03/11(月) 10:35:32 | 逝きし世の面影